梅を観にいく

熱海に国宝の梅を観に行きました。

一月に行った「瀧を観にいく(那智瀧図)」と同じく、
この時期にしか観ることの出来ない作品です。

今回は行ってみたい料理屋さんもあったので一泊して来ました。

その梅は熱海駅からバスで5分程行った美術館にあります。
「MOA美術館」
P3112123_convert_20130316100640.jpg

P3112122_convert_20130316100622.jpg

MOA美術館へ初めて行ったのは小学生の時です。
その時の印象は「なんだか、とにかくスペーシーで驚いた」ということ。
展示されてる渋い美術品とのギャップも子供心の記憶に残っています。

次に訪れたのは20代学生の頃。
やはり今回の梅屏風を観に来ました。

久しぶりに訪れたMOA美術館、相変わらず(笑)で面白かったです。

美術館の建物は山にそって建てられているので、
一番下の入口から入り、どこまでも上に登る感じです。

とにかくエスカレータの長さと昭和テイストな照明に驚かされます。
P3112124_convert_20130316100659.jpg

P3112126_convert_20130316100717.jpg

P3112128_convert_20130316100736.jpg

高所恐怖症なので、後ろを見たらクラクラしました。
照明が刻々と変わり、環境音楽的なものが常に流れています。
P3112129_convert_20130316100755.jpg

P3112130_convert_20130316100817.jpg

P3112133_convert_20130316100858.jpg

よくぞここまで創った!という広い空間。
P3112131_convert_20130316100840.jpg

そして、この先の展示エリアに行くとガラリと雰囲気が変わります。
そのギャップがとても面白いので一見の価値ありです。

さあ、これを観に来ました。
尾形光琳『紅白梅図屏風』
art_image1_convert_20130316101741.jpeg

展示作品は撮影禁止なので、これしか載せられません。
こちら以外にも宗達や乾山、光悦の見事な作品が並んでいました。
眼福、至福の時間でした。

P3112169_convert_20130316101153.jpg

景色も見事です。
P3112168_convert_20130316101132.jpg

庭園にはお茶を頂ける施設もあります。
P3112142_convert_20130316100940.jpg

左は尾形光琳の屋敷を再現した建物。
P3112145_convert_20130316101008.jpg

中には入れませんが眺めることは出来ます。
P3112156_convert_20130316101054.jpg

梅の唐紙が素敵でした。
P3112154_convert_20130316101026.jpg

広大な竹林も。
P3112167_convert_20130316101113.jpg

とにかく広い美術館、観てまわるだけで軽い運動になりました。
P3112175_convert_20130316101211.jpg


さて泊まったお宿は以前もお世話になった『ホテル ミクラス』です。
今回は夕食を外で食べたかったので、朝食付のプランで宿泊。

ホテルの詳しい説明は省略しますので前回の日記をご覧頂けると幸いです。
http://paochin.blog.fc2.com/blog-category-27.html

今回のお部屋は「スーペリアツイン」
P3102037_convert_20130316095721.jpg

P3102044_convert_20130316121321.jpg
タオル、バスタオルは2枚ずつ。大浴場には無いのでタオル持参です。
セパレート式のパジャマなので嬉しいです。

P3102036_convert_20130316095702.jpg

P3102042_convert_20130316095750.jpg
洗顔フォームや化粧水類は大浴場にあります(部屋には無し)

P3102043_convert_20130316095806.jpg
冷蔵庫は空(館内に自販機あり)。ミネラルウォーター2本無料。
前回あったルームサービスは今は行っていないとのことでした。

窓からの景色。
P3102040_convert_20130316121239.jpg

夕食は外で頂きましたので、先にホテルの朝食を載せます。

レストランへ朝食時間内の好きな時に行きます。
健康ジュースとメイン料理が来て、それ以外はハーフビュッフェです。
P3112113_convert_20130316121342.jpg

ハムとソーセージが乗っているのがメインプレート。珈琲か紅茶は注いでくれます。
P3112116_convert_20130316100537.jpg

『ホテル ミクラス』
シンプルですが、とてもゆっくり出来るので気に入っています。
ミクラスの大浴場は循環&消毒有りですが、消毒の匂いもしないのでそれは気になりません。
お風呂でも部屋でも、目の前の海を見ながら、ぼーっと出来るのが何よりです。

姉妹館「大月ホテル和風館」の大浴場も利用しました。
こちらは前回(露天のみ掛け流し)と変わり、内湯も掛け流しになっていました。
嬉しいことです。
相変わらず、どちらの大浴場も清潔でした。


さて夕食ですが熱海の街中にある料理屋さんへ伺いました。
ホテルから歩いて10分程でしょうか。

リンクさせて頂いているブロ友さんが紹介されていたお店です。
とても美味しそうでしたので、当日を楽しみにしていました。

『蓬』
P3102048_convert_20130316095842.jpg

夜はアラカルトとコース料理(コースのみ予約必要)です。
コースは4千円から。
予約の電話で相談したら「皆さん5千円でお腹一杯になったと仰いますよ」とのこと、
それに従い当日は5千円のコースでお願いしました。
電話のやり取りも、とても良い感じの印象でした。

店内はカウンターと座敷があります。
私達は座敷で頂きました。

お料理の説明も丁寧にしてくださいました。
が、すみません記憶が曖昧なので、食材など簡単な記載でお許しください。
相当飲んだかな(苦笑)

まず最初の膳を生ビールで頂きました。
P3102049_convert_20130316095901.jpg

きんぴら、空豆、サザエ、桜鯛の桜寿司(2かん)
P3102057_convert_20130316100010.jpg

胡麻豆腐
P3102050_convert_20130316095916.jpg

鴛鴦鳥の箸置きが素敵♪
P3102058_convert_20130316100028.jpg

P3102098_convert_20130316100344.jpg

鯵と野菜の和え物
P3102052_convert_20130316095931.jpg

日本酒は飲み比べセット。その後は気に入ったものをリピートで。
P3102062_convert_20130316100107.jpg

焼き若筍
P3102054_convert_20130316095951.jpg

P3102061_convert_20130316100048.jpg

お椀は金目鯛、下に大根が敷いてあり、菜の花。
P3102065_convert_20130316100126.jpg


P3102067_convert_20130316100144.jpg

七色に輝いていました。
P3102070_convert_20130316100204.jpg

鍋の登場
P3102072_convert_20130316100224.jpg

蛤と葱
P3102075_convert_20130316100246.jpg

蓬莱餅
P3102090_convert_20130316100304.jpg

海老真丈、たらの芽、葱と貝柱の揚物
P3102100_convert_20130316100404.jpg

アカザ海老
P3102092_convert_20130316100325.jpg

蟹雑炊
P3102108_convert_20130316100421.jpg

フルーツ
P3102110_convert_20130316100441.jpg

美味しいお茶
P3102112_convert_20130316100459.jpg

とても素晴らしい料理の数々、驚きのコースでした。
まず、この流れを見て頂きたかったので余計な感想は入れませんでした。

魚の鮮度は勿論ですが、ひとつひとつの料理に手間を感じられ、
一見地味ですが、そこに奥の深さを感じました。

お椀の中に敷かれた大根一つとっても丁寧な仕事で、しみじみと美味しいこと、
旅館「蓬莱」の看板料理でもあった蓬莱餅の絶品さ、揚物の驚きの軽さ。

大満足の夜でした。
ブログに載せてくださったブロ友さんに感謝です。
また是非行きたいお店が一つ増えました。

おしまい。






スポンサーサイト