3度目の菊華荘(食事編)

お待たせしました(^-^) 続いて食事編です。
3日間で頂いたものを一気にいきま〜す♪
(あくまでも私の主観なので、ご参考程度にお願いいたしますm(_ _)m)


まず1日目。
お風呂上がりに頼んだルームサービス。

「箱根富士屋ビール(富士屋ホテルの天然水仕込み)」と、
氷の入っていないお水をお願いしました。
P1091291_convert_20130123145831.jpg


ここでルームサービスメニューを紹介します。
(宿やホテルに泊まると、部屋に置いてある説明冊子の館内図や
ルームサービスを見るのが異常に好きな私です)

菊華荘の部屋専用のドリンクメニュー
P1091290_convert_20130123145808.jpg
こちらはパウチシートで置いてあります。

ホテル全体のルームサービスメニュー
(新しくなりました!そして微妙に値上がりしました。)
P1091280_convert_20130123145652.jpg

P1091285_convert_20130123145721.jpg

P1091286_convert_20130123145736.jpg

カクテルも本館BARから持ってきてくれます♪
P1091289_convert_20130123145750.jpg

今回の滞在でカクテルを頼んでみなかったことを凄く後悔。。。
ルームサービスだと目の前でシェーカーからグラスへ注いでくれるのかな?とか
畳の部屋で是非体験してみたかったです。


さあ、お待ちかねの夕食です♪
個室で頂きます。
P1091342_convert_20130123150243.jpg

前回と変わり、椅子席になりました。
P1091299_convert_20130123145847.jpg

まずセッティングされています。レモンの食前酒(前回と一緒)
P1091302_convert_20130123145904.jpg

食事のコースは3種類あり、上から「菊」「月」「華」
前回、前々回は「華」でした。

今回は、ひとつ上の「月」です。

〈先付〉帆立貝 サーモン 胡麻豆腐 菜の花 雪輪長芋 琥珀ゼリー
P1091307_convert_20130123145919.jpg

飲み物は生ビール(スーパードライ)と日本酒(丹沢山)
P1091317_convert_20130123150017.jpg
この後はキリンラガーの瓶、お酒は「浦霞禅」「いづみ橋 茜」などを頂きました。

〈前菜〉1月のおめでたい雰囲気です♪
P1091308_convert_20130123145933.jpg

手前のお皿、鶏松風 鱈の子カステラ 雪中 黒豆松葉。奥は、新筍土佐和え
P1091314_convert_20130123145949.jpg

茶振り海鼠 大和芋 海鼠腸 防風
P1091315_convert_20130123150002.jpg
お茶で煮た海鼠、コリコリして歯ごたえが良い。

〈御椀〉蛤真薯 海麩 青蕗 袋茸 柚子
P1091318_convert_20130123150032.jpg

〈御造里〉太刀魚 鮪 炙り鮪 くえ
P1091324_convert_20130123150051.jpg
太刀魚が美味しい。

〈焼物〉鰆柚子焼 蕗の薹 金柑 紅白千代呂木
P1091326_convert_20130123150107.jpg

〈煮物〉鰤鍋 冬野菜
P1091332_convert_20130123150123.jpg

〈揚物〉慈姑餅 海老霰上げ 蕗の薹 赤卸し 白蕎麦汁
P1091333_convert_20130123150139.jpg

〈止物〉酢蛸 紅白なます 卯の花和え 華蓮根 松葉野菜 黄味酢
P1091337_convert_20130123150155.jpg

〈御食事〉白飯 雑魚 赤出汁 香物
P1091338_convert_20130123150211.jpg

〈水菓子〉果物と草団子
P1091340_convert_20130123150226.jpg


目でも楽しめた食事でした♪
お造りの太刀魚は本当に美味しかったです。
若干、御椀がぬるかったのが惜しいです。
でも美味しく頂けました。ごちそうさまです。


さあ、続いて朝食です♪

頂くのは昨夜と同じ部屋。
P1101349_convert_20130123150300.jpg

最初に用意されています。
P1101351_convert_20130123150316.jpg
後から焼魚、ご飯、味噌汁を持ってくださいます。

卵焼、蒲鉾、しらす、黒豆など。
P1101353_convert_20130123150334.jpg

白身団子のような物と野菜や豆腐。
P1101357_convert_20130123150407.jpg

煮物
P1101356_convert_20130123150350.jpg
キンキンに冷えててちょっと笑えた。

烏賊の刺身
P1101358_convert_20130123150423.jpg

焼魚と薩摩揚げ
P1101360_convert_20130123150455.jpg

ご飯と味噌汁
P1101362_convert_20130123150552.jpg

デザート
P1101359_convert_20130123150610.jpg

デザート、前は食事が終わった頃を見計らって持って来てくれましたが、
今回は最初から並んでいました。
前回とは少しずつ変化がみられた朝食でした。


食事後、仲居さんに明日の朝食のことを聞かれ。。。

…洋食もいいけど、前にも食べたことあるし…
…やっぱり連泊したら、そこでその宿の食事の真価が分かるよな、きっと!

と2泊目の朝食も「和食」でお願いしました♪



そして、夕食ですが。。。

最初、以前行った仙石原のビストロへ、と思ったのですが、
寒い中、往復タクシーも面倒だし…で、宿で済ますことにしました。

今回の滞在では(以前テレビでやっているのを観た)
富士屋ホテルの「クラブハウスサンドウィッチ」が
どうしても食べてみたかったのです。

その「クラブハウスサンドウィッチ」は
ホテルのラウンジでの提供のみ、時間は17時まで。

う〜ん、お昼は食べないし、
午後のティータイムに食べたら、夕食が入らなくなるし…

そこで、本館ホテルのスタッフさんに相談。
部屋で食べたいのでルームサービスにして貰うことは可能かどうか?
「少々お時間頂けますか?」とサービス部?に聞いてくださり、
有り難くOKの返事を頂けました\(o^∇^o)/

しかも何時でも大丈夫な様子。ありがたいです〜。
少し早めの夕食にしようと17時半にお願いしました。

こういうところ、富士屋ホテルのサービスは素晴らしいですね。

部屋に戻ってから、他に追加する料理を選び、
同じく17時半にルームサービスでお願いしました。


2泊目の夜、ルームサービス祭りの始まりです(^0^)/
「温かいうちにどうぞ、どうぞ」と何度も言ってくださる男性スタッフ(笑)
P1101481_convert_20130123150746.jpg
赤ワインはフルボトル「テラス ド ギレム メルロー」

久々に炭水化物のオンパレード♪
P1101480_convert_20130123150730.jpg
主食ばかりを3品頼んだので、お腹いっぱいになるかも?と
サラダ系やオードブルは全く無視(笑)

「富士屋クラブハウスサンドウィッチ」
P1101473_convert_20130123150626.jpg
これが食べてみたかったのです〜♪

一見地味に見えますが、主張しすぎないそれぞれの味が優しく調和して
とても美味しかったです。幸せでした(*´∇`*)

ここからは通常のルームサービスメニューから。
「ビーフカレー」
P1101477_convert_20130123150658.jpg
間違いのないお味。

「スパゲッティ ナポリタン」
P1101475_convert_20130123150642.jpg
富士屋ホテルのナポリタンはどのような味なのか
気になって頼んでみました。

とにかく具が豪華。
海老、蟹、帆立貝柱、烏賊がどっさりです。
それらの海鮮出汁が濃厚に出ていて、
昔ながらのナポリタンをイメージすると大分違います。
子供向けではない大人のナポリタンでした。

でも若干味(特に甘さ)が強く感じてしまい、
赤ワインを飲みながら、ちびちびつまむ感じでした。

「サイコロステーキにんにく風味」
P1101479_convert_20130123150714.jpg
想像どおり、安心のお味。


甘いのが食べたくなり、追加で
「自家製アップルパイ 温製」と赤ワインのハーフボトル
P1101487_convert_20130123150804.jpg

最初に頼んだ赤ワインよりも少し良い物を、と選んだ赤。
「アルガード モンテ」
P1101494_convert_20130123150940.jpg

最初に頼んだルームサービスはかなりの量だったのに
男性スタッフが1人で持って来て下さいました。

次のアップルパイと赤ハーフは何故か男性お二方が。

すると片方の男性スタッフが赤ワインをうやうやしく注いでくれるではありませんか。
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
その前の赤ワインは自分達で注いだよ(*´∇`*)
やっぱりいいワイン頼むと違うのかな?とラベルを見たら
「勝沼醸造」のワインでした。

「勝沼醸造」は私が日本のワインを好きになったきっかけでもあります。
90年代、先代の社長さんがいらした時によく好んで飲んでいました。
代替わりされてからは、少し味が変わった気がして、あまり飲んでいませんが。
久々の勝沼醸造、この銘柄は若干平たく感じました。


すっかり夜の帳も下りて。。。
P1101517_convert_20130123151158.jpg

ルームサービスの夕食を終えた後は、お布団敷きの時間です。
その間、本館のBARに行くことにしました。

夜の花御殿(ブレブレ)
P1101497_convert_20130123150823.jpg

バー「ヴィクトリア」
P1101510_convert_20130123151002.jpg
やはりホテルはBARがあるのが嬉しいですね♪

夫はBARの名前ずばりの「VICTORIA ヴィクトリア」
P1101511_convert_20130123151108.jpg
(ガリアーノ、ピーチリキュール、シャンパン、角砂糖)
角砂糖の泡がきれい♪

私は「Mt. Fuji マウントフジ」
P1101513_convert_20130123151125.jpg
(ジン、卵白、パイナップルジュース、レモンジュース、砂糖)

「Mt. Fuji」は昭和12年のメニューに掲載されている由緒あるカクテルとのことです。
とても飲みやすく美味しいカクテルでした。
こんなに美味しいカクテルをそんな昔に飲んでいたのですね。

バーテンダーさん、とても素晴らしい応対でした。
ありがとうございます。

夜の菊華荘入口。
P1101514_convert_20130123151142.jpg

部屋に戻ると半分残した赤ワインと新しいワイングラスが。
P1101523_convert_20130123151214.jpg
(この赤、あまり口に合わなくて残しちゃったのです)
きれいにナプキンで包んでグラスを用意してくれていて感激。
次の日の朝に飲みました(*´∇`*)


さあ、続いて3日目の朝食です♪

滞在最後に頂く朝食、そのイメージで滞在の印象も変わります。
2泊目の朝食はどんなかな?とワクワク気分です♪

今日は違う部屋で。昨日の部屋の隣です。
P1111526_convert_20130123151231.jpg

最初から並んでいます。
P1111527_convert_20130123151251.jpg
おや。

ま、まさかの、まったくいっしょ。。。
P1111528_convert_20130123151309.jpg

運んで下さる仲居さんも一緒、
焼き魚も一緒なので、特に説明もなく。。。
淡々と食事は終わりました(笑)


言って欲しかったかも…
「和食のメニューは一緒です」とひとこと。
和食か洋食か、ずっと同じ仲居さんの前で悩んでたのに。

「和食と洋食、両方楽しまれてはいかがですか?」とか。
ひとこと。。。


いやっ、考えればホテルなのですから、一緒なのも当然なのです。
洋食なら一緒ですし、そこを普通の旅館と思ってしまった私が間違っていました。
今度行く時は、両方楽しむつもりで行けば良いだけのことです(^○^)


一年半ぶりの菊華荘、経費削減の影響か少しずつ変化があり、
いろいろと思うこともありましたが、楽しい滞在が出来ました。

今回は、温泉プールとルームサービスを満喫出来て、
菊華荘の檜風呂を入り倒す、内容の濃い心に残る旅でした。

温泉が大好き!の1泊利用なら『菊華荘に泊まり、朝夕食はホテルの洋食』
このプランも最高だと思います♪

ホテルスタッフの皆さんも素晴らしい応対でした。ありがとうございます 。o@(^-^)@o。
また時期をみて伺いたいと思います。


最後にピコットで買った新商品「パンオケーク」
P1111534_convert_20130123151324.jpg

期間限定2013年1月4日〜3月31日までの発売とあり、
見るからに美味しそうなので買ってきました。

HPより
「ケーキのスポンジをサックリとした生地のパンで包み、
上にアーモンドのキャラメリーゼを塗りました。
外はカリカリ、中はしっとりとした食感をお楽しみいただける一品です。」

想像以上に美味しかったです♡
P1111537_convert_20130123151339.jpg

終わり。。。

長いページを最後まで読んでくださり、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト

14 comments

非公開コメント