川崎大師と飲みといろいろ

晴れた日に川崎大師へ初詣に行ってきました。
IMG_2498_convert_20130114185757.jpg

年が明けて随分経ちますが、日曜日なのもあり一方通行の規制をしていました。
IMG_2493_convert_20130114185719.jpg

毎年この風景を見るとテンション上がります。
IMG_2494_convert_20130114185732.jpg

お参りも入場制限していました。
IMG_2497_convert_20130114185744.jpg

昨年無事に乗り切れたことへの感謝と今年も一年よろしくお願いします。と
今年も変わらずに参拝できたことに改めて感謝し嬉しく思いました。

そして帰りは恒例の立ち飲み、ここ松本屋で。
IMG_2490_convert_20130114185652.jpg

もつ煮が美味いんだ♪
IMG_2491_convert_20130114185706.jpg

となるのを今年は行きたいお店があったので立ち飲みは我慢。

向かった先は、京急川崎駅近くの「丸大ホール」
吉田類さんの酒場放浪記で知り、行きたかったのです。
IMG_2500_convert_20130114185811.jpg

入ったのは午後3時過ぎ、店内はほぼ満席。お店は朝8時半からやっています。
基本、相席なので私達も2つ空いてた椅子を探し座れました。

でも、ここからが大変。
フロアを担当するおばさんが一人なのです。
「すいません」と声をかけても「ちょっと待って」と。
無理強いするのも嫌なので、大人しく待っていましたが、なかなか。。。

気にかけて下さった相席の常連さんがおばさんに声をかけてくれましたm(_ _)m
席に着いてから約20分、飲み物の注文を聞いてくれました(苦笑)

サクッと飲むつもりだったので頼んだのは生中1杯づつと
IMG_2501_convert_20130114185823.jpg

から揚げと
IMG_2502_convert_20130114185835.jpg

もつ煮込み
IMG_2503_convert_20130114185849.jpg

もつ煮込みはさらりとしていました。
とにかく料理が安いです。種類も多い。
ここは何人かで行くより、1人で行く方が楽しいかもと思いました。
私にはまだその勇気はありませんが^^;
(因に会計も頑張らないと出来ませんでした、笑)

他の時間帯はおばさんが何人かいるようなので、
私達は行ったタイミングが悪かったようです。
でも、そのおばさん達の元気さにこちらも元気を貰えました(^0^)/

帰りにいつも寄る川崎駅近くの古書店へ。
ここは結構良い品揃えで夫のお気に入り。特に水木漫画の品揃えは豊富です。
IMG_2504_convert_20130114185904.jpg


あと、アップしていない食べ物屋の写真をいくつかおまけで。。。
食べ物のカテゴリーがあるのに、これでは検索出来ないって話ですよね。
すみませんです(^^;))))
一応撮ったけど日記にするほどでも無いし、、、で、まとめて(*´∇`*)


神保町「エチオピアカレー」
有名なので一度は行ってみたかったお店です。
1階の主にカウンター席と2階席があります。
IMG_2436_convert_20130114185556.jpg

1階カウンター席に座りました。券売機で食券を買うシステムです。
ハートランドビールと蒸かしじゃがいも。
IMG_2437_convert_20130114185609.jpg
じゃがいもはお酒の突き出しではなく、皆に出て来ます。

私、えびカレー
IMG_2438_convert_20130114185621.jpg

夫、ビーフカレー
IMG_2439_convert_20130114185636.jpg

辛さの指定が出来て、0〜70倍まで可能です。
0で一般的な中辛口、私達は3にしました。ビールが進むいい感じの辛さでした。

カレーはさらり系で香辛料が効いていて美味しいです。
時々我が家で作るチキンカレーに似ていました。
やはり神保町で人気の欧風カレー「ボンディ」と比べると、私はエチオピアの方が好みです。


もうひとつおまけに。
鰻もそれほど食べにいくわけではありませんが、関東風のなかでも好きなお店です。

横浜「野田岩」
52902_convert_20130114202424.jpeg
横浜高島屋の中にもありますが、静かに食べたいなら駅から離れているこちらの路面店で。

ビールと突き出し。
IMG_2070_convert_20130114185508.jpg

あっさりしていて美味しいです。
IMG_2072_convert_20130114185528.jpg

以上、ありがとうございました。
次回は連泊した菊華荘の日記の予定です。
スポンサーサイト