小田急・山のホテル

CIMG2489_convert_20120223200333.jpg

箱根、芦ノ湖の畔にある『山のホテル』に行って来ました。
(因にお茶の水「山の上ホテル」とは全く別です)
今回初日は、とても良い天気で富士山バッチリ♪
二日目は一転、雪景色でした@^^@

毎年二回ある恒例の母娘旅行です。
同じ日に父が友人達と旅行するので、いつしか行くようになりました。
昨年の2月は「ザ・プリンスパークタワー東京」、10月は「石葉」でした。

「山のホテル」へのアクセスは小田原または箱根湯本からバスで元箱根港まで。
そこからホテルの送迎バスで3分ほど。

久しぶりの土曜泊とあって、箱根までの道路渋滞をうっかり忘れて小田原からバスで向かいました。
案の定、国道一号線の週末渋滞にハマり、宿へは予定よりも随分遅れて到着。
週末、箱根湯本駅までは電車で行ったほうが確実ですね。


箱根『山のホテル』の歴史は古く、サービスも良いと聞いていたので
以前から気になっていました。
http://www.odakyu-hotel.co.jp/yama-hotel/
昭和23年、三菱四代目当主・岩崎小彌太男爵の別邸を買い取り、ホテルとしてオープン。
2006年敷地内に温泉が湧出。
2010年全面リニューアルし、一部の部屋には源泉掛け流しのお風呂も出来ました。

古き良き日本のリゾートホテルという佇まい。
CIMG2651_convert_20120223201358.jpg

ホテル名通り、山の中に立っています。
CIMG2653_convert_20120223201425.jpg

ホテル外観
CIMG2639_convert_20120223201313.jpg

CIMG2638_convert_20120223201259.jpg

メインエントランス
CIMG2652_convert_20120223201412.jpg

この重厚感がいいですね
CIMG2647_convert_20120223201341.jpg

扉を入ると、まずベルデスク
CIMG2645_convert_20120223201327.jpg
玄関にはレンタルサイクル。夏場のサイクリングも気持ちよさそう。

明るいロビー
CIMG2701_convert_20120223201719.jpg

フロント
CIMG2700_convert_20120223201706.jpg

広くて清潔感が溢れています。
CIMG2587_convert_20120223201140.jpg

フロントでチェックインの記帳をした後、スタッフが部屋まで案内してくれます。
ラウンジなどの説明を聞きながらお部屋まで向かいます。
CIMG2655_convert_20120223201442.jpg

マントルピースは夕方から火が入ります。
CIMG2659_convert_20120223201513.jpg

ロビー階にあるショップ
CIMG2583_convert_20120223201124.jpg

同じくロビー階にあるブティック
CIMG2657_convert_20120223201457.jpg

落ち着いた雰囲気のエレベーターホール
CIMG2668_convert_20120223201540.jpg

リニューアルして、どこもきれいですが、こういった物は昔のでしょうか。
こうして残しているのが良いですね。
CIMG2670_convert_20120223201554.jpg

廊下もすっきりしていて清潔
CIMG2519_convert_20120223200555.jpg

今日のお部屋は4階「427」
CIMG2525_convert_20120223200651.jpg

プレミアムルーム、温泉掛け流し付きのお部屋です。
CIMG2520_convert_20120223200607.jpg

部屋のドアを開けたところ
CIMG2522_convert_20120223200620.jpg

内扉から見ると、入って右に姿見。
CIMG2526_convert_20120223200709.jpg

リビングスペース
CIMG2513_convert_20120223200517.jpg

CIMG2514_convert_20120223200532.jpg

リビング、ベットルームは一緒です。
右の扉は洗面、トイレ、バススペース。
CIMG2511_convert_20120223200504.jpg

ベットの前にクローゼット
CIMG2498_convert_20120223200358.jpg

クローゼット(使い捨てスリッパ)、左側には金庫。
CIMG2497_convert_20120223200347.jpg

テレビ、ステレオ(ヒーリング系のCDあり)、加湿器。
部屋の窓の外は芦ノ湖風景。
CIMG2505_convert_20120223200408.jpg

ポット、お茶、グラス類。下の引き出しにミニバー、その下が冷蔵庫。
CIMG2507_convert_20120223200425.jpg
珈琲が無かったのが痛い(アンケートに書いておきました)。

ミニバー
CIMG2509_convert_20120223200449.jpg

冷蔵庫
CIMG2508_convert_20120223200437.jpg

ベットから見たところ。左側の窓向こうは、お風呂です。
CIMG2515_convert_20120223200544.jpg

部屋から見たお風呂、中からはスクリーンカーテンで隠せます。
CIMG2561_convert_20120223200948.jpg

部屋から洗面へ(右にお風呂、左に洗面、トイレ)
CIMG2542_convert_20120223200825.jpg

入ってすぐが脱衣スペースになります。
CIMG2555_convert_20120223200917.jpg

温泉分析表もありました
CIMG2681_convert_20120223201634.jpg
アルカリ性単純温泉、ph8.66
源泉温度は28℃、加温有り、循環濾過は無し。

おや?「消毒あり」とな!?
CIMG2680_convert_20120223201620.jpg
あらま。でも塩素臭は全く感じなかったのが救い。
部屋風呂だけは、消毒無しに出来ないものかしらと、
一応アンケートに書いておきました。

洗い場スペースも十分でした。
CIMG2545_convert_20120223200838.jpg

ボディソープ、シャンプー、コンディショナー
「ザ・デイ・スパ」という日本のメーカーのもの。
ホテル内のスパで使っている物と同じで、とても良かった♪
CIMG2550_convert_20120223200904.jpg

こんこんと温泉が掛け流されています。
CIMG2688_convert_20120223201652.jpg

窓を開けられるので気持ちがいいです。
CIMG2548_convert_20120223200851.jpg

消毒有りとはいえ、消毒臭は全くしないので、
芦ノ湖を眺めながら、何度も入りました@^^@
お湯の個性は殆ど無し、若干ヌルヌルするかな?という程度。
肌はつるつるになりました♪

洗面はシンク一つ。奥の扉はトイレ。
両サイドにタオル掛けがあり、スペースも広く、2人でメイクしても十分。
CIMG2556_convert_20120223200935.jpg

クレンジングオイル、ボディ&フェイスミスト、ボディ&ハンドローション
こちらもバスルームと同じメーカーのもの。
とくに右端のローションが良くて買って帰りました。
CIMG2675_convert_20120223201606.jpg

洗面下にある右側の引き出し、一番上にアメニティ類。
二番目はドライヤーとティッシュケース(写真は上に出した後)、三番目にバスローブ。
CIMG2536_convert_20120223200746.jpg

アメニティ
(歯ブラシ、ヘアゴム、石鹸、シャワーキャップ、コットン綿棒、ボディタオル、ヘアブラシ、剃刀)
CIMG2539_convert_20120223200811.jpg


左側の引き出しには、大中小の浴衣(各二枚ずつ)が入っています。
タオル類は今治産でふっかふか♪
バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル各二枚。
CIMG2532_convert_20120223200734.jpg

このように浴衣、帯紐と収まっています。
CIMG2537_convert_20120223200759.jpg

トイレは蓋の開閉以外は全自動式。
CIMG2529_convert_20120223200723.jpg

全自動で思い出しましたが、私の実家のトイレは蓋から全て自動式。
いつも便利と思っていましたが、昨年の震災後に全自動の落とし穴が!

そうです、あの計画停電です。
停電中は、もちろんセンサーがまったく機能しません。
TOTOの最新式でしたが、トイレ本体に水を流すレバーが付いていないのです。
よって、いつも傍らにはお水の入ったバケツを用意して、そのつど流すという始末。
暗闇の懐中電灯の光の中、それをするのは大変です。

トイレを改装される方は全自動にしても、くれぐれもレバーを残すようにしてくださいませ^^


部屋をあれこれ探索した後、大浴場に行きました。
大浴場へは専用エレベーターがあるので、浴衣で直接行けます。
CIMG2662_convert_20120223201527.jpg

女性は3階、男性は2階にあります。
CIMG2572_convert_20120223201002.jpg

入口を入って左に靴箱、中の脱衣場は鍵の掛かるロッカーで
各ロッカーにもスリッパ置き場があるので安心でした。
CIMG2573_convert_20120223201015.jpg

大浴場は土曜日とあり、とにかく混んでいましたので撮影出来ませんでした。
詳細はホテルHPで。
http://www.odakyu-hotel.co.jp/yama-hotel/facilities/onsen/
タオル類は豊富にあります。
部屋の物より薄く違うものでした。温泉付きの部屋のタオルは特別のようです。

サウナがあるのは嬉しかったです。
露天風呂は少々狭く、人がギュウギュウでしたので入りませんでした。
部屋にお風呂があるので、一回だけサクッと入浴したのみです。

部屋に帰ったら、早速ビールタイム♪
CIMG2577_convert_20120223201029.jpg
なんで風呂上がりのビールって、こんなに美味しいのでしょう♪

部屋の窓から芦ノ湖を眺めつつ、ディナータイムを待ちます。
CIMG2578_convert_20120223201041.jpg

刻々と変わる夕景
CIMG2579_convert_20120223201053.jpg

CIMG2581_convert_20120223201111.jpg

食事編へ続きます。。。

スポンサーサイト