仙仁温泉・岩の湯(3)食事編

続いて、お食事です。
夕食、朝食とも食事処で頂きます。
時間は18時〜19時の間の好きな時間にどうぞ、ということでした。

食事処『深山庵』は本館にありますが、私達は別棟の『櫓』で用意しているとのことで
18時半頃に『櫓』へ。

別棟『櫓』への通路は、蝋燭が灯され幻想的な雰囲気。
IMG_1049_convert_20120131195127.jpg

『櫓』入口
IMG_1051_convert_20120131195142.jpg


CIMG2360_convert_20120131194504.jpg

朝は8時からラウンジとして営業。夜も遅くまでやっているそうです。
IMG_1045_convert_20120131195111.jpg

落ち着く雰囲気。でも、とにかく暗い(苦笑)
IMG_1044_convert_20120131195057.jpg

私達は階段を降りて、下の階の個室へ案内されました。
CIMG2361_convert_20120131194518.jpg

角部屋なので、二面の窓からは外の雪景色や照明も素敵に見えました。(写真は食後)
IMG_1043_convert_20120201233028.jpg

まず食前酒の用意。竹筒に入った濁り酒。
とても美味しかったです♪ 須坂の遠藤酒造の冬季限定の濁り酒だそうです。
IMG_1002_convert_20120131194639.jpg

食前酒で乾杯していると、ほどなく最初の料理が運ばれて来ます。
お品書きには「山里料理」と記されています。
IMG_0996_convert_20120201235200.jpg

「柿の白和え」春菊が効いてて美味しい♪安心の味ですね。
IMG_0998_convert_20120131194612.jpg

「睦月のおもてなし」
左から岩魚寿司、?、胡桃豆腐、馬鈴薯甘味噌和え
IMG_0999_convert_20120131194625.jpg

生ビールもやりつつで♪
IMG_1005_convert_20120201235140.jpg

「山里のお造り」一人前です。
信州サーモンを紫蘇と大根で巻いた物、(左)岩魚、(右)鯉。添えてあるツマも美味しい。
IMG_1006_convert_20120131194707.jpg

酢味噌と醤油で。
IMG_1007_convert_20120131194739.jpg

新鮮で美味しいお造り、お酒が進みます。純米酒を燗してもらいました。
IMG_1008_convert_20120131194758.jpg

「山女と丸大根のソテー」洋風な味付け。
IMG_1009_convert_20120131194812.jpg

「鯉すまし仕立て」
IMG_1012_convert_20120131194835.jpg

「和牛の杉の香焼き」
蕪、人参、ズッキー二の下には葱味噌。お肉は脂の少ないヒレで嬉しい。
IMG_1014_convert_20120131194850.jpg
熱々の石の上に乗っていて、肉は軽く表面を焼かれた状態で出て来ます。
石のあいている箇所で肉を好みの加減に焼いて頂きます。

おろしポン酢、岩塩、レモン、山葵で。
IMG_1016_convert_20120131194906.jpg
私は岩塩、山葵が美味しかったです。

「柿のゼリー」ほんのり甘くて美味しい。
IMG_1023_convert_20120131194924.jpg

「百合根まんじゅう」
IMG_1028_convert_20120131194940.jpg

岩魚ご飯、止椀、香の物(野沢菜漬)
IMG_1031_convert_20120131194958.jpg
岩魚ご飯が美味しかった〜♪

デザート、おしるこ
IMG_1040_convert_20120131195013.jpg

珈琲
IMG_1042_convert_20120131195028.jpg

食事は、背伸びしていない料理の数々で、いい意味で頑張っていないところが良かったです。
山の幸を自然のままに、素朴、純粋に料理している、そんな安心感のある食事でした。

スタッフの応対も柔軟かつ丁寧で、お酒は純米酒はある?と訪ねると
メニューに書いていないお酒を用意してくれ、価格もメニュー表と同じでした。


部屋に戻ると少しして、夜食のデザート(プリン、柿)が来ました。
プリンがウマ〜でした@^^@
IMG_1071_convert_20120131195203.jpg


翌朝の朝食は、本館の食事処『深山庵』で。
7時半〜10時までの好きな時間で食べに行きます。
IMG_1079_convert_20120131195217.jpg

食事処も広いです。ちょっとした料亭みたい。
IMG_1094_convert_20120131195500.jpg

個室に案内されました。
CIMG2411_convert_20120131194540.jpg

IMG_1080_convert_20120131195234.jpg

窓からは川が見えます。
CIMG2408_convert_20120131194528.jpg
川の音や鳥の声を聞きたいのだけど、ずっと館内に音楽が流れています。
こういう時、音楽は余計に感じてしまいますね。

最初、大根の煮物、おひたし、漬け物が並んでいました。
IMG_1082_convert_20120131195251.jpg

小松菜のジュース。これ美味しい〜!
IMG_1086_convert_20120131195320.jpg

サラダ
IMG_1083_convert_20120131195305.jpg

豆乳豆腐
IMG_1089_convert_20120131195407.jpg

温泉蕎麦粥、味噌汁
IMG_1088_convert_20120131195350.jpg
(他に白米、パンも選べます)
温泉蕎麦粥〜♪(^0^)♪味噌汁も美味しい♪

信州ヒメマス、オムレツ
IMG_1087_convert_20120131195336.jpg
上品な味でイイ!

デザート
IMG_1091_convert_20120131195427.jpg
右上、林檎のタルトプティングみたいなのが素朴で好き。もっと食べたい。

珈琲
IMG_1092_convert_20120131195445.jpg
蝋燭で温める配慮は嬉しいけど、薄い。。。
昨夜は普通だったから、意図してアメリカンにしているのでしょうか。

朝、夕食ともに含め、一番美味しくて是非もう一度食べたいと思ったのは、
朝食の温泉蕎麦粥でした〜(^0^)/
朝食は、珈琲以外とっても良かった!過去に行った宿の中でも上位に入ると思います♪

チェックアウトは12時。
朝ゆっくり、のんびり出来るのは一番重要♪嬉しいです@^^@
帰りはタクシーで駅まで行きました。


今回初めて泊まった「岩の湯」さん。
評判がすこぶる良い理由が分かりました。とにかく飽きないです。
冒険心のある宿です。接客も丁寧です。もの凄い笑顔に最初ちょっとびっくりしたけど(笑)

主人と話しての結論、「老若男女問わず、好奇心旺盛な人が好む宿」と思いました。
貸し切り風呂の争奪戦、洞窟風呂探検、数の多いパブリックスペースなど。
前向きなアクティブ派、年配の方も元気な人が多かったです。

今の私としては、一度泊まればいいかな、という感じです(自分もう枯れているのかな?笑)
お湯にもう少しクセがあるとリピートしたくなるかもです。
(前日の別所温泉と比べちゃったのもありますね)
パブリックの充実は魅力的ですが、やはり価格をもっと低くしてくれると嬉しいです。
あの価格での食事を思うと、やはり維持費やリニューアルに莫大な費用が注ぎ込まれていると感じてしまいます。

その食事はとても美味しかったです。演出も素敵でした。
でも今すぐリピートしたいとは思いませんでした。
何故だか私にも分かりません。今の自分の好みとは違うのかも知れません。
きっと10年、20年後にまた行きたくなると思います。
その時まで好奇心旺盛に歳をとっていないとだめですね。

あと、ひとつ気になったのは、泊まった部屋「仙寿亭 白根」の階下からの音。
真下が大浴場で、布団に横になると枕下から「ドスン」「バタン」という音が聞こえました。
夜中は1時近く、朝方は5時半頃から聞こえ、それで目が覚めました。
おそらくドアなどの開閉の音かと。

主人は分からなかったと言っていたので、音に敏感な人だけ気になるのだと思います。
気になる方は、他の部屋をリクエストされた方が良さそうです。
アンケート用紙が無いので、帰りにフロントでお伝えしたところ、
とても驚かれた様子でしたので、そういう声は今まで無かったのでしょうね。
改善されると良いですね。

あとデザートが美味しかった♪
宿で、お手製デザートが美味しいのは得した気分になりますね。
きっと別棟『櫓』でのデザートも美味しいのでしょうね。
雪を見ながら、午後の紅茶タイムもしたかったなあ〜。
あ、こういう感じで皆さんリピートするのでしょうか?(笑)
デザートが美味しかったこともフロントにお伝えしました♪


今回は、別所温泉「花屋」、仙仁温泉「岩の湯」と内容の濃い充実した旅になりました。
帰りは、お気に入りの多治見の料理屋さんで夕食を取り、最終間近の新幹線で帰路に着きました。
CIMG2464_convert_20120201225339.jpg

相変わらず、ほっくりと美味しい。
CIMG2473_convert_20120201225354.jpg

今回の旅の収穫♪
小布施の骨董屋で古九谷徳利
IMG_1154_convert_20120126193327.jpg

多治見の骨董屋で椀揃え(椀、家にいくつあるのか?っていう^^;)
IMG_1161_convert_20120126193343.jpg


長いレポートにお付き合い下さってありがとうございました。
おしまい。
スポンサーサイト