菊華荘〈1〉

箱根宮ノ下『富士屋ホテル 別館 菊華荘』に行ってきました。
今年4月に行っての早くも再訪です。

前回初めて行った時、とってもゆったりのんびり出来きたので、
2度目はどうかな?と思いましたが、今回も前回同様のんびり大満足でした。
主人は相当気に入り「もう今後は、ここ(菊華荘)と湖山荘の離れだけでイイや」とまで言いました。

では菊華荘について少し説明を…
明治28年皇室の御用邸として建てられました。
その後昭和9年に高松宮別邸になり、終戦後昭和21年7月に富士屋ホテルに下賜されました。
大正時代には昭和天皇が度々来館され、勉強部屋など現在もそのまま残されています。


前回4月は、まだ山桜も咲く新緑が眩しい風景でした。
CIMG0545_convert_20110714224835.jpg

箱根湯本から登山鉄道に乗り、スイッチバックを繰り返しながら、ゆっくり山を登って行きます。

今回の登山鉄道は、一年にうちで最も人気のある紫陽花の季節です。
車窓の両脇に咲く紫陽花の風景、これも楽しみのひとつでした。
電車内はツアー客もいたり、乗客満杯で車窓風景を撮るどころではありませんでした。


宮ノ下の駅に着きました。
CIMG0936_convert_20110714222133.jpg


紫陽花がきれいです。
CIMG0935_convert_20110714221538.jpg


富士屋ホテルは、ここから歩いて7分ほど。
途中、箱根名物のエヴァローソンに立寄り、エヴァグッズを確認。
CIMG0553_convert_20110714224855.jpg


ほどなくして、菊華荘に到着。
CIMG0560_convert_20110714221321.jpg


CIMG0562_convert_20110714221503.jpg


CIMG0563_convert_20110714221520.jpg

チェックイン14:00
チェックアウト11:00

お昼のこの時間はランチの営業中です。
食事だけの利用と一日3組限定で食事&お風呂のランチセットプランもあります。
宿泊も3組のみです。

前回は震災の影響からか、ランチのお客さんもほとんどいませんでしたが、
今回は繁盛していました。


チェックインはホテルフロントではなく、菊華荘で直接行います。
玄関を入り、名前を告げるとそのままお部屋に通されます。
お部屋でお茶を頂きながらのチェックインになります。

玄関入ったところ。左手に小さなフロントがあります。
CIMG0989_convert_20110714232818.jpg


上がって逆から見たところ。
CIMG0988_convert_20110714232802.jpg


建物の中心にちょっとしたフロアがあります。天窓で明るい。
CIMG0607_convert_20110714232728.jpg


CIMG0608_convert_20110714232745.jpg


床がギシギシ鳴る廊下を奥までいくと今日の部屋があります。
CIMG0574_convert_20110714232657.jpg


前回は、33号室「月見草の間」、今回は一番奥の31号室「柳の間」です。
CIMG0585_convert_20110714232713.jpg


CIMG0961_convert_20110714222220.jpg


扉開けると踏み込み。
CIMG0962_convert_20110714222240.jpg


逆側から。窓があり明るく気持ちがいいです。
CIMG1086_convert_20110714222300.jpg


まず手前に6畳の和室。
CIMG0942_convert_20110714221652.jpg


奥に主室。
CIMG0940_convert_20110714221618.jpg


堅苦しくない雰囲気が逆にいい。
CIMG0944_convert_20110714221715.jpg


CIMG0945_convert_20110714221733.jpg


お庭を見渡す感じではないけど、緑が美しくて癒されます。
CIMG0956_convert_20110714222115.jpg

ここ31号室と隣の32号室の前庭は柵があるので、食事のみのお客さんや庭見学の方々は入ってきません。
が、前回の部屋(33号室)は、大きな庭に面しているので、混んでいる昼間や朝食時は、お庭散策の人々が部屋の前も通るので注意が必要です。
まあ、慣れちゃうものですけど、嫌な人は嫌でしょうね。
(次回のレポで33号室のお部屋写真も載せます)


お部屋でお茶を頂きながらのチェックイン。宿帳を記入します。
お菓子は前回と同じ。(写真は二人分)
CIMG0946_convert_20110714221751.jpg

この時に予約時に伝えた食材アレルギーの確認や夕食時間を決めます。

さて部屋探訪。
手前の和室には、洗面、トイレに行く扉(茶色)と押入、クローゼット、金庫、鏡台があります。
CIMG0941_convert_20110714221635.jpg


洗面所。
CIMG0949_convert_20110714221954.jpg


シンクの向いになんとお風呂!暑さがこもります。
お湯は源泉掛け流し。
CIMG0952_convert_20110714222038.jpg

ちなみに33号室だけはお風呂別です。

洗面には、一通り揃っています。
歯ブラシ、シェーバー、ブラシ、シャワーキャップ、コットン、ボディイソープ、シャンプー、リンス。
CIMG0590_convert_20110715001734.jpg


無添加の洗顔、化粧水、乳液もあります。
CIMG0598_convert_20110715001757.jpg

メイク落としは無いけど、この洗顔ですっきり落ちました。
同じものが大、小浴場にもあります。


シャワートイレです。
CIMG0950_convert_20110714222018.jpg


クローゼット、金庫。
CIMG0959_convert_20110714222200.jpg


浴衣は一枚ずつ。(二枚欲しい…一応ホテルだから仕方ないのか)
CIMG0954_convert_20110714222056.jpg

丹前、足袋ソックス、バスタオル、フェイスタオル各一枚ずつ。

フェイスタオルが一人ずつ黄色の袋に入っているのだけど(写真は1つ取った後です)
この袋がもの凄く固くて使いづらい。黄色で目立つし、持ち帰っても使えないので持ち帰らないです。
CIMG0582_convert_20110715001702.jpg


次回へ続く。。。


























スポンサーサイト