FC2ブログ

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ

昨年のクリスマス、初めてドイツ菓子シュトーレン(シュトレン)を食べました。

ドイツではクリスマスまでひと月くらいかけて少しずつ食べ、
味の変化を楽しむお菓子なのですね。
(写真はドンクより)

page2image7064_convert_20180201150844.jpeg

初めてだったので味見がてら2切れ入りを近所のドンクで購入。
(写真はドンクより)

page2image7232_convert_20180201150907.jpeg

そして
「う、うまーい!」でした。
かなり好きです!このお菓子。


以前からドイツパンは好きでしたが、こうしてお菓子も気になりだし、
2009年に日本に初出店したドイツ・バウムクーヘンのお店へ行ってきました。

日本の第1号店は新宿伊勢丹です。
その後、銀座三越にも出来たので今回は銀座へ。

『ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ』
IMG_6108_convert_20180123235540.jpg

ドイツではお菓子にも厳格な基準があり、
バウムクーヘンは「油脂は必ずバターを使うこと、ベーキングパウダーは使ってはいけない」など、
厳しく定められているそうです。

こちらのバウムクーヘンはドイツ菓子の伝統を守り、
添加物を使わず1本1本丁寧に焼き上げています。

IMG_6107_convert_20180123235528.jpg

バウムクーヘンの大きさは何種類かありますが、
一番小さなサイズは店頭のみで販売していて、
オーダーを受けてから、その都度カットしていただけます。

今回はバウムクーヘン(小サイズ¥1080)と期間限定のケーキを買いました。
P1186521_convert_20180123235715.jpg

店頭でカットしてくださるバウムは賞味期限が次の日までです。
他の大きさは2週間ほど持つようです→三越オンライン

P1186522_convert_20180123235752.jpg


P1186525_convert_20180123235833.jpg

バウムクーヘン
P1186526_convert_20180123235901.jpg

これは美味しいー♡
しっとりしていて優しい味わいです。
まわりに砂糖がコーティングされていて、シャリシャリがアクセントになって美味!
これは好きです♪

その後調べたら、シャリシャリ食感は店頭カットのみ味わえるみたいです。
ギリギリまで密閉しないのでその食感が出るそうです。
(ちなみに今現在の実店舗は、東京2店、札幌、仙台、福岡、名古屋の6店です)

そして季節限定のゲデクトアッフェルクーヘン
IMG_6106_convert_20180123235507.jpg

「季節(期間)限定」という言葉に弱いです(笑)。
りんごのケーキです。
こちらは2週間もつので、ゆっくり食べられます。

P1216529_convert_20180123235913.jpg

クッキー部分は軽めで、りんごの甘さと相まって美味しいです♪
P1216536_convert_20180123235923.jpg

最初はホロホロと崩れやすかったのですが、
日を追うごとにしっとりしてきて、味わいも深くなりました。
買って直ぐより2週間ギリギリに食べた方が好みの味でした♡
シュトーレン同様、こちらも味の変化を楽しめるお菓子ですね♪


バレンタインには、こんな可愛い商品があるそうです♡
木靴型の陶器欲しさに買っちゃうかもですo(^-^)o
img083_convert_20180129002352.jpeg
スポンサーサイト