石葉 2011秋(前編)

4月の訪問がまだ記憶に残っている中、先日伺って来ました。
秋に訪れるのは初めてなので何より食事が楽しみでした。

当日は雨模様でしたので湯河原駅からタクシーを利用。
以前、宿への道中に激しく車酔いをしたので、くれぐれもゆっくりとお願いしました。

外から写す暖簾はよく見るので、玄関内から。
CIMG1379_convert_20111025232226.jpg


今回は食事メインに考え、部屋風呂は無しで『翠の間』を指定。
玄関から近くの「桜の間」の隣にあります。
CIMG1366_convert_20111025232132.jpg


部屋の廊下前に坪庭があるので、部屋戸を開けるたびに癒されました。
CIMG1422_convert_20111025232550.jpg


部屋戸を入り右手にはクローゼット、真ん中が部屋への襖。
CIMG1364_convert_20111025232107.jpg


左手には洗面所への板戸。
CIMG1365_convert_20111025232119.jpg


和室12畳。
CIMG1346_convert_20111025231842.jpg


テレビはBSは映りませんでした。
CIMG1349_convert_20111025231906.jpg


CIMG1348_convert_20111025231853.jpg


押入と左戸の奥は洗面、トイレ。
CIMG1489_convert_20111025232821.jpg


お庭には下駄があり、外へ出られます。
CIMG1351_convert_20111025231920.jpg


狭いながらも水鉢があり、水音に癒されます。
ここに野鳥が水浴びに来ていました♪
CIMG1353_convert_20111025231933.jpg


縁側に腰をかけた目線。緑がきれい。
CIMG1358_convert_20111025231958.jpg


隣の桜の間につながっています。桜の間には下駄は置いてありませんでした。
CIMG1359_convert_20111025232013.jpg


これといって何もない部屋ですが、これが凛としていて石葉の良いところです。
床の間の生け花も秋の風情です。
CIMG1399_convert_20111025232421.jpg


お部屋で頂いた到着のお茶菓子。きんつばと明日葉茶。
HPから会員登録しての予約なので、記帳などは無く夕食の時間などを決めただけでした。
CIMG1356_convert_20111025231945.jpg


部屋にはお茶セット。
CIMG1386_convert_20111025232254.jpg


クローゼット内には浴衣二枚ずつ、帯は太細二種類、丹前、足袋ソックス。
CIMG1384_convert_20111025232239.jpg


洗面所、奥の扉向こうは玄関。
CIMG1344_convert_20111025231830.jpg


すっきりしていて良いけど、化粧するには少し暗い。
台の下に冷蔵庫、一通り揃っていました。
CIMG1340_convert_20111025231749.jpg


ハンドソープ、タオル二枚、ドライヤー、歯ブラシ、ヘアブラシ、ヘアキャップ、綿棒、コットン、ヘアゴム。
CIMG1361_convert_20111025232027.jpg


HPから登録しての予約でマークス&ウェブのおまけがありました。
CIMG1362_convert_20111025232039.jpg


トライアルキットセットと保湿パックマスク。嬉しい〜♪これで一人分。
CIMG1363_convert_20111025232053.jpg


トイレはウォシュレット。
CIMG1341_convert_20111025231804.jpg


トイレの手洗い場もなかなか良いです。
CIMG1343_convert_20111025231817.jpg

翠の間は、狭いながらも凝った造りでした。
二人で食事目当てなら、この部屋で十分満足できます。

前回、館内や大浴場を載せなかったので今回お伝えします。
玄関横にあるライブラリー。
CIMG1367_convert_20111025232145.jpg


ライブラリー前の飾り、今回は館内に置いてある家具屋さんの紹介でした。
CIMG1368_convert_20111025232159.jpg


玄関横にあるお土産品類。
この他に部屋に置いてある案内にも温泉饅頭や蒲鉾といった品を注文できると書いてありました。
CIMG1371_convert_20111025232212.jpg


白檀の香りが広がり廊下も素敵な空間です。
CIMG1419_convert_20111025232532.jpg


喫煙所。ここで吸うと匂いが残りそうな気がします。
この前は「城山」「連山」の部屋があり、ここに泊まると匂い漂ってこないかと。
煙草が苦手なので少し心配です。実際に吸っている人は、まだ見た事ないですが。
CIMG1417_convert_20111025232517.jpg


曇り空と瓦景色も風情があります。
CIMG1406_convert_20111025232434.jpg


お風呂へ。大と小浴場があり、チェックイン後は大が女性用。
CIMG1409_convert_20111026011310.jpg


大浴場。いつもすっきりしていて気持ち良い脱衣場です。
バスタオル、フェイスタオルも揃っていて手ぶらで行けます。
CIMG1388_convert_20111025232309.jpg


歯ブラシ、綿棒、コットン、メイク落としジェル、化粧水、保湿ジェル、ソープ(マークス&ウェブ)
CIMG1390_convert_20111025232323.jpg


ヘヤブラシ、ヘヤゴム、ヘアキャップ。
CIMG1391_convert_20111025232338.jpg


自家源泉(単純泉 無色透明) 若草山126号(石葉源泉)
泉質:ナトリウム一塩化 アルカリ性 低張性 高温泉
源泉75.4° pH8.5 循環消毒無しの掛け流し
CIMG1392_convert_20111025232352.jpg


うちのお風呂も檜の椅子と桶を使っていて、磨くのは大変だと知っているので、
いつも綺麗にしてあり感心します。
CIMG1394_convert_20111025232407.jpg


内湯から露天へ。
CIMG1414_convert_20111025232502.jpg


露天はあまり大きくないです。私は今回も入らず。
CIMG1412_convert_20111025232448.jpg


こちらは小浴場。
小さいですが眺めが抜群です。
白く清潔な脱衣場と大きな窓ガラスから見える景色が気持ち良いです。ボケててすみません^^;
CIMG1476_convert_20111025232619.jpg


もちろん手ぶらでOK。
CIMG1475_convert_20111025232604.jpg


キンキンに冷たいお茶です。どちらの浴場にもあります。
CIMG1478_convert_20111025232636.jpg


生憎の天気でデッキには出られませんでした。
CIMG1479_convert_20111025232653.jpg


小さいけど景色が良いので気になりません。
CIMG1480_convert_20111025232710.jpg


内湯の入浴目線。窓を開け放すと風が通り露天気分です。
CIMG1487_convert_20111025232804.jpg


こちらの露天風呂も茂みが多くて苦手です。
CIMG1485_convert_20111025232930.jpg

やっぱり内湯が好きです。
湯河原のお湯は大人しいけれど、入浴後は汗がジャンジャカ出ました。
何気ないお湯なのに、改めて温泉の力は凄いと感じました。

食事編へ続きます。。。








スポンサーサイト