シャーレゆざわ銀水

7月下旬に苗場で開催されている音楽フェス『フジロック』
今年、友達に誘われて初めて行ってきました。

フジロックは前夜祭を入れると全日程4日間。
予定が合わず、最終日だけ見られなかったのですが、
3日間は音楽漬けを満喫できました。

訳あって泊まったホテルは2箇所でした。
最初は友達が取ってくれた会場に一番近いホテル(Nプリ)。

そしてあと一泊(一人泊)を探して泊まったのが、
『シャーレゆざわ銀水』さんです。
行く前に調べた時、情報が少なかったのでスマホ撮影ですが紹介したいと思います。

IMG_5641_convert_20171003174647.jpg

フジロックの期間中、
会場に近い宿は4泊セットでの予約受付が多く、
一泊から予約できる宿は越後湯沢駅周辺かタクシー必須の場所のみ。

会場から越後湯沢駅まではバスで約40分かかります。
しかも駅周辺の宿で一人泊は相部屋がほとんど。

ちなみに相部屋6人で1人@9000(食事なし)など。
さすがにこの歳で相部屋はなあ、、、と。
少し離れたホテルで一人部屋があっても高額だったり。

そんな中見つけたのが
『シャーレゆざわ銀水』さん(宿のHP

IMG_5643_convert_20171003174702.jpg

選んだ理由は、
深夜でも駅からの送迎付きプランがあったこと、
翌朝は会場までの送迎(有料)があること。

特に次の日の会場までの送迎は非常に有り難かったです!

普通なら駅まで行って、シャトルバスに乗って会場へ、、、ですが、
駅でのシャトルバスの待ち時間は2時間待ちとか当たり前なので。
お金を払ってでも直接会場へ行けるのは嬉しいのです。

一階ロビー(写真は翌朝撮ったもの)
IMG_5640_convert_20171003174634.jpg


IMG_5639_convert_20171003174621.jpg

メインステージのヘッドライナーを最後まで観ると、
越後湯沢の宿へ着くのは深夜2時とか3時になる時もある、
とネットで見たので、
最後まで観ずにシャトルバスに乗りました。

バスに乗る時、宿へ送迎の連絡をします。
駅に着いて待っていると宿からの迎えの車が来ました。
同じく女性一人泊の方も送迎車で一緒でした。

フロント
IMG_5637_convert_20171003174607.jpg

チェックインは深夜0時を過ぎていたと思います。
その頃はまだ空いていましたが、
2時頃は続々とチェックインの人が来ていました。

お部屋への案内はありません。
部屋は5階でした。

5階のエレベーターホール。
IMG_5623_convert_20171003174355.jpg

マンションのようなドアを開けてお部屋へ。
IMG_5622_convert_20171003174343.jpg

右扉はバス&トイレ、左下に浴衣とバスタオル、ドライヤーがありました。
IMG_5613_convert_20171003174234.jpg

和室の右手前には、
IMG_5611_convert_20171003174204.jpg

簡易キッチン(使えるかは不明です)。
IMG_5610_convert_20171003174224.jpg
周りはスキー場なのでリゾートマンションとして建てられたのでしょうか。
冷蔵庫は空っぽ。コンビニで買った翌朝の朝食を入れておくのに便利でした。


IMG_5609_convert_20171003174143.jpg
古い窓枠冷房器具が懐かしかったです(^-^)
扇風機もあり、ポットにもお湯が入っていましたし何も不足ありません♪

お布団
IMG_5614_convert_20171003174245.jpg
宿の説明に自分で敷くとあったので心配でしたが、
直ぐ敷けるようになっていて良かったです。

この日は歩数計見たら1日で15キロ歩いていました。
フジロックの会場はとても広く、山の中を歩く感じです。
土砂降りもあったり、疲れ後に自分で敷くのかあと思っていたのでありがたや♡

洗面はユニットバス。
IMG_5612_convert_20171003174214.jpg
温泉大浴場があるのでこちらは使用せず。

アメニティ
IMG_5618_convert_20171003174319.jpg

お茶セットとお菓子。
IMG_5615_convert_20171003174259.jpg

部屋の窓からの景色。
IMG_5620_convert_20171003174332.jpg

一通り写真を撮ってから、一階にある大浴場へ向かいました。
IMG_5627_convert_20171003174429.jpg

男女共に内湯のみ。
循環ありですが源泉掛け流しの温泉で24時間利用できます。
宿HPの温泉ページ
IMG_5629_convert_20171003174442.jpg

バスタオルは部屋から持参です。
IMG_5631_convert_20171003174454.jpg
ドライヤーは無かったので部屋のドライヤーで乾かしました。
これがちょっとしたハプニングに。。。(^-^)

湯沢の温泉です
IMG_5634_convert_20171003174518.jpg


IMG_5635_convert_20171003174533.jpg

岩から源泉が出ていて、湯船からジャンジャン溢れていました♪
IMG_5636_convert_20171003174546.jpg

温泉良かったです♡
さすが湯沢のお湯ですね、体の疲れも取れました!
次の日もチェックアウトギリギリまで温泉を満喫できてうれしかったです♡

温泉分析表
IMG_5633_convert_20171003174506.jpg

混む時間前(深夜1時頃)に入ったので独占でき、足を伸ばしてゆっくり浸かれました。
前日のNプリの大浴場ではまさにイモ洗い状態の混雑、洗い場も長蛇の列でゆっくりできませんでした。
Nプリはフジロック期間中の入浴は有料なので、部屋のシャワーを使う方が正解かもしれません。

大浴場の手前に自販機あり。
IMG_5625_convert_20171003174407.jpg

プールもあるようです(^-^)
IMG_5626_convert_20171003174417.jpg

そう、お風呂から戻り、部屋のドライヤーで髪を乾かしていたら、
突然ブレーカーが落ちてしまい焦りました。

真っ暗な中、フロントに電話しようとするも
電気が落ちているから電話が使えないし。
でもバスタオル一枚の姿だったので来られても困るし。

ドアの覗き穴で廊下を見ると外は電気が点いているので、
ああこの部屋だけが落ちたのかと。

幸い、フジロックでヘッドランプも持参していたので、
それで部屋の中の分電盤を探して、
自分でブレーカーを元に戻すことができました。


翌朝。。。

会場への送迎は、9時と11時があり、
私は11時にお願いしました。

送迎代は、2名からだと1人@1500
1名だと@2000

ボックス車に7名が乗り合わせ、会場まで送ってもらいました。
この日は一番人気の日だったので、
道路が激しく渋滞し、会場までは1時間以上かかりました。


シャーレゆざわ銀水さん、
通常期の宿泊プランよりは倍以上の価格でしたが、
ゆっくり休めたので選んで良かったです。

申し込んだプランは『姉妹店 ホテルエクストラクラブ宿泊プラン』だったのですが、
空室があったのかこちら(本館?)に宿泊できました。

フロントの女性の方が予約段階から当日も親切丁寧でありがたかったです。
ほとんどお一人でこなしてらっしゃるので心配になってしまいました。
フジロックの間は夜中じゅうフロントをやっているし、朝もいるしで。
チェックアウトの時、お身体気をつけてくださいと思わず声を掛けてしまいました。
本当にお世話になりました(^-^)


最後にちょっと会場の写真を。
IMG_5582_convert_20171003174039.jpg

IMG_5591_convert_20171003174107.jpg

IMG_5529_convert_20171003173939.jpg

今年はかなり雨が降りました。
でも今となっては土砂降りもいい思い出です(^-^)

会場内は傘は禁止なので雨合羽は必須です。
IMG_5650_convert_20171003174715.jpg

美味しいお店も沢山あるのでそれも楽しめました♪
ずらりと並んだ食べ物のお店。
IMG_5704_convert_20171003174813.jpg

IMG_5584_convert_20171003174055.jpg

IMG_5518_convert_20171003173927.jpg

IMG_5691_convert_20171003174827.jpg

お酒も豊富♡
IMG_5533_convert_20171003173950.jpg

新潟の日本酒や地ビールも豊富で飲兵衛にはたまりませんでした♡
IMG_5555_convert_20171003174015.jpg

ステージは大小さまざまあって、朝まで楽しめます。
IMG_5666_convert_20171003174741.jpg

IMG_5605_convert_20171003174120.jpg

テントゾーン。これは初日ですが最後にはびっしり埋まっていました。
IMG_5581_convert_20171003174025.jpg

帰る日の深夜、オザケンのステージ。
IMG_5680_convert_20171003174758.jpg

最後まで観られず、後ろ髪を引かれながら、
深夜1:30のバスで帰路につきました。

おしまい。
スポンサーサイト