TOHOKU EMOTION ランチコース

今回の旅のメイン。
PA041318_convert_20160320180719.jpg

『TOHOKU EMOTION 東北エモーション』
レストラン列車です。

青森の八戸〜岩手の久慈を往復します。
往路はランチコース、復路はデザートコース。
別々でも往復でもOK。

これに乗りたくて、今回の東北旅行を企画しました。
運行日数が少ないので、その日にちに取れるかヒヤヒヤものでした。
候補日は1日。
本家本元「びゅう」ならと事前予約しましたが、
発売日当日、「取れませんでした」の電話(泣)。

あまり二股は好きではないですが、
念のため大手旅行会社さん1社にも事前予約しました。
びゅうからの連絡の後、しばらくして旅行会社さんから電話。
どうせ駄目だろうと思っていたらまさかの『取れました!』の報告。
思わず「凄い!」と叫んでしまいました!
しかも希望通りの座席。
もう感謝しかありません(T0T)ありがとうございます。

東北エモーションは3両編成。
1号車は個室、2号車はキッチンスペース、3号車はオープン席。

img004_convert_20160320175230.jpg

個室は全て海側ですが、オープン席は2名だと必然的に山側の席になります。

予約したのは、往路は個室、復路はオープン席。
両方の景色を味わえます。

*******************************

さて、泊まっていた青森から八戸までは2通りの行き方があります。

①青森〜新青森(スーパー白鳥)
 新青森〜八戸(新幹線はやぶさ) 乗換時間込みで約45分

②青森〜八戸(青い森鉄道) 約1時間半

今回は①のコースで行きました。

スーパー白鳥は函館〜新青森を結ぶ特急列車。
特急だけど、青森〜新青森間は普通乗車券のみで乗れます。
PA040925_convert_20160320175248.jpg

スーパー白鳥。残念ながら北海道新幹線開通のため、この3月で運行を終了とのこと。
PA040927_convert_20160320175300.jpg
最近、寝台特急とか廃止し過ぎで、なんだかな〜って感じです。

きれいな車内。
PA040932_convert_20160320175329.jpg

座席に貼ってある説明書きが興味深い。
PA040930_convert_20160320175312.jpg

青森〜新青森までは、たった5分でしたが乗っておいて良かった♡
スーパー白鳥3月21日をもって運行終了です。

はい、青森に到着しました。
PA040935_convert_20160320175341.jpg

ここから八戸までは新幹線はやぶさ。
PA040937_convert_20160320175352.jpg

はやぶさは全席指定ですが、
新青森〜盛岡間は指定席券がなくても空いている席に座れます。
指定席券を持ったお客さんが来たら移動しなければいけませんが。

今回は「新幹線Wきっぷ」を使いました。
2枚綴りの自由席回数券で、通常よりも少しお得です。

八戸に到着しました。
駅が格好いい!
PA040939_convert_20160320175405.jpg

さて東北エモーションは、新幹線改札からは一度出ます。
PA040940_convert_20160320175418.jpg

いよいよです♪
PA040952_convert_20160320175448.jpg

お〜!いたいた!
PA040950_convert_20160320175432.jpg

一緒に写真を撮ったり、出発前のセレモニーも盛り上がります。
PA040955_convert_20160320175502.jpg

乗車開始です。
PA040962_convert_20160320175516.jpg
本当は赤い絨毯の所から乗ったのですが写真撮りませんでした。

切符を見せるとスタッフが席に案内してくれます。
PA040974_convert_20160320175542.jpg

私達は4号室。
PA040979_convert_20160320175608.jpg

内装もステキ♪
PA040978_convert_20160320175556.jpg

各車両ごとに、福島の刺子織、青森のこぎん刺し、岩手の南部鉄など、
東北各地の伝統工芸をモチーフとしたインテリアになっています。

個室にはクローゼットもあり便利でした。
PA040986_convert_20160320175638.jpg

こんな感じに用意されています。
PA040971_convert_20160320175529.jpg

「景観のおしながき」というパンフがあって、
PA040994_convert_20160320175738.jpg

景色の見所が書いてあります。
PA040995_convert_20160320175751.jpg

個室に入ると早速ウェルカムドリンクが振る舞われます。
PA040990_convert_20160320175704.jpg

それを飲みながら、
PA040993_convert_20160320175721.jpg

メニューを拝見。
PA040996_convert_20160320175806.jpg


コースメニュー(2015年10月〜12月のメニューです)
img007+(1)_convert_20160320175945.jpg


ドリンクメニュー。呑んべえに嬉しいフリードリンク♪
img007_convert_20160320180008.jpg


カトラリーはテーブル下の引き出しに。
PA041000_convert_20160320180039.jpg

なんだか、ひとつひとつがステキ。
PA041002_convert_20160320180054.jpg

まずは、りんごの発泡酒「あおもりシードル」で乾杯♪
PA041006_convert_20160320180107.jpg

アミューズ 
PA041011_convert_20160320180120.jpg
和牛ステーキのタルタル 黒ゴマ、白ゴマ、わさび菜&デトロイト

ビールも飲みつつ。
PA041015_convert_20160320180134.jpg

列車は海沿いに出ました。
見所が近づくと車内放送があり、速度も落としてくれます。

「蕪島」ウミネコの繁殖地になっていて国の天然記念物でもあります。
PA041028_convert_20160320180201.jpg

前菜のアソート
PA041016_convert_20160320180147.jpg
豆腐ホイップオリーブオイル、紅茶でスモークした青森産鴨のむね肉、
東北産タラのブランダード、ブティックトマト、
ゴールデン三陸産ホタテ


PA041029_convert_20160320180215.jpg

山形、高畠ワインの白で。
PA041037_convert_20160320180230.jpg

「葦毛崎展望台」
PA041039_convert_20160320180253.jpg
山側にあります。ここではしばらく停車してくれるので景色も堪能できました。

後ろを振り返ると自分達の個室。窓の景色にまた感動。
PA041040_convert_20160320180307.jpg

メイン料理
PA041072_convert_20160320180409.jpg
ゆっくり火入れした岩手産岩中ポークサーロイン
りんご、オリーブオイルかぼちゃ、カルダモンソース、つまみ菜

パン
PA041048_convert_20160320180325.jpg

山形、高畠ワインの赤。
PA041049_convert_20160320180339.jpg


PA041094_convert_20160320180426.jpg

途中の沿線では地元の方が手を振ってくださったり、
浜辺では、大漁旗を振って歓迎してくださいました。


プティフールは福島会津塗の箱で。
PA041097_convert_20160320180451.jpg

PA041100_convert_20160320180505.jpg
ラズベリーラミントン、抹茶ミルクチョコレート、
チーズケーキスフレ、アンザック ピンクソルト ビスケット

コーヒー
PA041108_convert_20160320180524.jpg

料理はどれも美味しく楽しめました♪
器も東北のものに拘っていて、優しく温かみのあるものばかり。
そして一番のご馳走は景色。
本当に素敵なレストランです。

久慈に近づくと高原のような原生林の中を走ります。
PA041118_convert_20160320180539.jpg

ちょっと散策。キッチン車両。
PA041130_convert_20160320180628.jpg

先頭の運転席。
PA041136_convert_20160320180644.jpg
全て絨毯敷きなので歩きやすいです。

到着間近になると個室のボックスにお土産が届きます。
PA041123_convert_20160320180611.jpg

約2時間の列車旅が終わり、久慈に到着しました。
PA041157_convert_20160320180657.jpg

楽しい時間はあっという間。
こうして振り返ると、また乗りたくなりました。
近かったら四季折々で乗ってみたいです。

ちなみに、
八戸〜久慈 往路ランチコース(¥7200)
久慈〜八戸 復路デザートコース(¥4100)
八戸〜久慈往復コース(¥10800)
個室の場合、2名利用で別途1名¥1500追加

飲み物も付いているので、ちょっとしたランチをするには最高だと思います。

お土産は生南部サブレでした。
PA051330_convert_20160320180734.jpg
中にチョコレートが入っていて柔らかく美味しかったです♡

後半の復路につづきます。。。
スポンサーサイト