蔦温泉(2)

随分と間が空いてしまいましたが(汗)、
蔦温泉の続き、館内とお風呂の紹介です。

外から見えるこちらの立派な建物は休憩室です。
PA010261_convert_20151128162826.jpg

日帰り入浴のお客さんも利用できます。
PA020539_convert_20151128163055.jpg

PA020562_convert_20151128163236.jpg

ドリンクも用意されています。(夜には撤収されてました)
PA020540_convert_20151128163110.jpg


館内には蔦温泉と繋がりが深い文人『大町桂月』の資料室もあります。
PA010269_convert_20151128162839.jpg

大町桂月は十和田湖と奥入瀬を愛し、晩年は蔦温泉に移住し本籍も蔦温泉にしました。
大正12〜13年には蔦温泉での滞在を戯画と和歌で書いた本
『蔦温泉帖』『冬籠帖』の二冊を残しています。
こちらの本、今月の古書目録で二冊揃えを発見し、迷わず注文しました!
まだ手元には届いていませんが、来たらブログで紹介したいと思います(^0^)


続いて本館の二階へ。
本館のお部屋はトイレと洗面所は共同になります。
PA010350_convert_20151128163040.jpg

洗面所をちらり拝見。ピカピカです✨
PA020549_convert_20151128163142.jpg

青いタイルがとてもきれい!どこもかしこもピカピカでした✨
PA020551_convert_20151128163158.jpg

そしてトイレにも驚かされました。
宿泊されたら是非ご覧になってください。かなり重厚な造りです(^-^)v


さてお風呂の紹介です。
PA010328_convert_20151128163024.jpg

お風呂は古い『久安の湯』と後から出来た『泉響の湯』、
そして有料の貸切風呂があります。

まずは『久安の湯』から。
PA010329_convert_20151128163009.jpg

『久安の湯』はかつては混浴でしたが、今は時間制で切り替えです。
中は撮影禁止でしたので、写真は旅行社のものを拝借しました。
2000414_3461_1_convert_20151128162801.jpg

見た瞬間テンションあがり、入ってまたテンション上がりました!

湯船の底からお湯が湧き出ている『湧き流しの温泉』♨️
tsuta-onsen-img_convert_20151128163305.jpg
体や洗髪は端にある湯溜め槽で行います。

源泉温度47.3度。
(ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)

3つある大浴場はどれも泉質が微妙に違います。
それもそのはず、みな湯船の下から湧いているのですから (^0^)

下から時々、プクプクと泡と一緒に熱い湯が出てきて最高です。
温度調節の為、一箇所から山の水が加水されていますが、
離れれば無問題。
何より『ザ・湯治』の風情が素晴らしいです。


次は『泉響の湯』♨️
こちらは男女それぞれあるので時間に関係なくいつでも入れます。
2000414_2407_2_convert_20151128162750.jpg

こちらも洗髪などは湯溜めで行いますが、シャワーも一箇所あります。
『泉響の湯』は天井が高くてとても気持ちがいい♪
21190011000000011_convert_20151128162812.jpg

足元からプクプクプクプク。。。。
幸せな時間でした〜♨️

こちらの源泉温度は、45.4度。
(ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)


そしてもうひとつの貸切風呂ですが、
利用しませんでしたので分かりませ〜ん。
PA010318_convert_20151128162853.jpg

お風呂から上がったらお楽しみのビール。
地ビールの『奥入瀬ビール』を堪能。濃くて旨〜でした♪
PA020569_convert_20151128163251.jpg

そして夕食を待ちます。

夜の廊下もステキでした⭐️
PA010324_convert_20151128162908.jpg

つづく。。。

追記。。。。。近況についてなので興味のない方はスルーでお願いします。

  一年前に父が入院、手術してから、父と母を支えるべく過ごしてきて、
  色々とウムムなことが多く、ブログも停滞気味になっていました。
  なんとか一ヶ月は間を置かないように(広告が出ないように^^)書いてきましたが。

  この10月にまた入院してしまい、今度は急だったので
  その週末に予約していた『伊豆おおかわ』もキャンセルせざるおえなくなったり。
  今は介護の問題、妄想(認知ではないそう)も出てきて、またまたウムム〜な日々です。
  ということで、若干余裕の無い感じになっております。
 
  ブロ友さんの所へもゆっくりお邪魔できない状態が続いていますが、
  この状況に慣れたら(慣れるのか?笑)、またコメント書かさせてください。
  青森の旅は書ける時に少しづつアップしていきたいと思います。
  こんなんですがどうぞよろしくお願いいたします(^-^)

  
  

スポンサーサイト

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)