ハングリータイガー


子供の頃、親から『今日の夜は外に食べに行くか』と言われ、
最高にテンションが上がりウキウキしたお店のひとつです(^0^)

そのお店に約30年ぶりに行ってきました♪

『ハングリータイガー 保土ヶ谷本店』(お店のHP
P8047052_convert_20140904175751.jpg

場所は横浜新道のすぐ横にあり、新道を通ると看板が大きくて目立ちます。
子供の頃は車で食べに行っていました。
駅からは遠い立地なので、車が無いと訪問は不便です。

大人になった今、お酒も飲むし、駅からタクシー利用で行くかな、と考えていたら、
近くに路線バスの停留所があることが分かり、バスで行ってみました。

バス停からお店までは、少し寂しげな道を歩くので、
明るいうちに行って帰ってきました。

バス停は横浜新道を挟んだ向かい側にあるので、
バスを降りてから、新道の上の橋を歩いて行きます(ネット越しに撮影)。
P8047059_convert_20140904180401.jpg


おお〜!昔と変わっていません(感激)
P8047012_convert_20140904175829.jpg

こちらの本店が出来たのは1969年です。
一時期は店舗数も多くなって、私も本店以外の店舗なら食べに行きましたが、
やはり本店の雰囲気が一番です♡

店内は天井が高く広々していて、重厚感があります。
P8047029_convert_20140904180121.jpg
店内に肉を焼くブースがあるのですが、そちらは撮影が禁止とのことでしたので
店内の写真はこれだけです。

ハングリータイガーの最大の特徴は、目の前でハンバーグを二つに切って
熱々の鉄板でジュージュー焼くところ。
P8047013_convert_20140904175904.jpg

注文したメニューは、ハンバーグとリブロースステーキのセット。
子供の頃は肉そのままは嫌いで、ハンバーグしか食べられませんでした。
今回、ステーキを食べて「大人になったんだな…」としみじみ(^-^)

ま、とりあえず生ビールで♡
P8047016_convert_20140904175924.jpg

そして赤ワインも♪
P8047019_convert_20140904175943.jpg

料理は単品でもOKですが、スペシャルセットを付けました。
(サラダ、スープ、ライスかパン、コーヒーか紅茶が付きます)

まずはセットに付くサラダ。ドレッシングは2種類から選べます。
P8047021_convert_20140904180002.jpg

スープも2種類から選べ、枝豆の冷製スープにしました。
P8047024_convert_20140904180018.jpg

さあ、そしてメインが来る前にテーブルでセッティグがなされます。
P8047025_convert_20140904180037.jpg
紙ナフキンを板の下に挟みます。ソースも用意されます。
もうこの時点でワクワクです♪子供だったら尚更(^0^)

ハンバーグが運ばれると、店員さんがハンバーグを二つに切ります。
その断面を鉄板に押しあて焼きながら、ソースを上にかけます。
するとソースや肉油が容赦なく飛びます。

その「はね」をシャットアウトするためにこのナフキンがあります。

こうして両手で持ち上げて使います(^-^)
P8047027_convert_20140904180053.jpg
両手を使うので、店員さんの一連の作業を写せないのが残念。
でもカメラを使うとレンズが汚れるのも必須です(笑)


そして、ジュージューいいながら出来上がったのがこちら♡
P8047032_convert_20140904180157.jpg
音まで伝えられないのが残念です(^0^)

付け合わせも30年前と一緒♪
この独特なソースも勿論変わらず♡

ハンバーグの懐かしい味と美味しさに感激。
リブロースステーキがまた柔らかくてジューシー♡
赤ワインがすすみましたよ〜♪

セットに付くライス。
P8047036_convert_20140904180220.jpg
パンは入り口でも販売しているので、次回はパンにしてみようかなと。

食後はコーヒーでまったりと。
P8047042_convert_20140904180258.jpg

30年ぶりの懐かしい味、
ハンバーグの作業行程を見ながらの紙ナフキンの動作、
どれもこれも大満足でした♡

次回はフィレを食べたいけれど、ハンバーグとセットになっていないので、
かなり悩むところ。。。もう行く気満々です。
もっと近かったらなあ。。。

どうもごちそうさまでした(^-^)

P8047055_convert_20140904180339.jpg

スポンサーサイト