鶴鳴館 松坂屋本店(1)

このブログを始める前の過去に行った温泉ですが、
もう一度行きたいな〜と思っているお宿を不定期にアップしていきたいと思います。
(過去の日記なのでサラ〜ッと簡単に記していきます)


まずは箱根芦之湯
『鶴鳴館 松坂屋本店』(HP

2回行っていて、初訪問から3ヶ月後に再訪しました。

まずは2010年7月の訪問です。
(当時と変わっている箇所もあると思いますので参考程度にお願いいたします)

看板を撮ったものがこれしかなく…
DSCF5246_convert_20140728185528.jpg
おもいっきりポーズしてるので無理な加工で誤摩化してみました(汗)

DSCF5249_convert_20140728185542.jpg

ロビーでお茶をいただきながらチェックイン。
DSCF5252_convert_20140728185511.jpg

『雲井の間』を予約しました。
DSCF5331_convert_20140728190212.jpg

東館の二階です。
DSCF5292_convert_20140728190155.jpg

『雲井の間』のドア。
DSCF5253_convert_20140728185610.jpg

入ると板の間の踏み込みがあり、二間続きの和室があります。
DSCF5255_convert_20140728185646.jpg

天井がとても高かったです。
DSCF5257_convert_20140728185716.jpg

手前の部屋から見た主室。
DSCF5259_convert_20140728185729.jpg

広縁が続いていてとても明るい。
DSCF5279_convert_20140728190027.jpg

主室です。
DSCF5256_convert_20140728185701.jpg


DSCF5276_convert_20140728185959.jpg

二人では広過ぎるくらいでした。
DSCF5277_convert_20140728190013.jpg

広縁がまた広いです。
DSCF5290_convert_20140728190138.jpg


DSCF5263_convert_20140728185743.jpg

冷蔵庫の隣のドアが洗面と内風呂。
DSCF5266_convert_20140728185828.jpg

広縁の反対側のドアはトイレ。
DSCF5265_convert_20140728185812.jpg

窓からの景色は一面緑の庭♪
DSCF5267_convert_20140728185843.jpg

もう一方の景色は母屋。
DSCF5345_convert_20140728190231.jpg
母屋は宿のプライベートエリアなので全く人は見えませんでした。

洗面。
DSCF5268_convert_20140728185912.jpg

そして掛け流しの内風呂。源泉の調節が出来ます。
DSCF5269_convert_20140728185928.jpg
シャワーは無し、カランは温泉です。
このカランの温泉で髪を洗ったら、とても良い感じでした♪
(と当時の日記に書いてありました、笑)

窓は御簾のみなので風が通り半露天気分で快適でした。
DSCF5273_convert_20140728185943.jpg
(HPを見ると現在は窓が付いたようです)

お湯の色も刻々と変わっていきます♡
DSCF5347_convert_20140728190246.jpg

部屋の内湯は決して大きくはないですが、
このお湯をいつでも独り占め出来る幸せ。。。最高に贅沢でした。
硫黄の香りも素晴らしかった♪

『雲井の間』は本当に贅沢な部屋でした。
行ったのは7月の終わりでしたが、窓が多いので風の通りもよく、
エアコンを入れなくとも涼しく快適に過ごせました。


『雲井の間』は以上で、あとは大浴場の写真を少し。

大浴場は2箇所あり、大きい方と小さい方、夜に時間交代制です。
松坂屋さんには露天風呂はありません。

こちらは大きい方の大浴場。
DSCF5280_convert_20140728190040.jpg

ぽこぽこと温泉が注がれています。
DSCF5283_convert_20140728190108.jpg

その音が心地良くて。素敵なBGMです♪
DSCF5287_convert_20140728190122.jpg

お湯の色がとても美しくて惚れ惚れしました。
時間によって様々に色も変わり、それだけで幸せ気分。
DSCF5282_convert_20140728190054.jpg

松坂屋さんのお湯に初めて入った時、
「こんなお湯が箱根にあったんだ!」と、とても驚きました。
またあのお湯を味わいたくて、3ヶ月後に再訪しています。

次は『竹の間』と食事を少々載せたいと思います。

続く。。。

スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)