自遊人の宿・里山十帖(2)

続きまして、大浴場とパブリックスペースの紹介です。

大浴場は、男女それぞれ内湯と露天があり、
当日夜に男女入れ替えになります。

大浴場にはタオルは無いので部屋から持参します。
それ用に大きな篭があるのでちょっとしたお散歩気分です。

宿泊棟からいったんサンダルに履き替えます。
P3175538_convert_20140323215801.jpg
自分のサンダル目印用としてクリップがありました。

温泉棟への回廊。ここは外なので空気が気持ち良いです。
P3175539_convert_20140323215844.jpg

格子の半分まで雪が積もっていました。
P3175540_convert_20140323215904.jpg

このように下の方は雪が入ってきています。
P3175542_convert_20140323215922.jpg

温泉棟に行くと透明の椅子がお出迎え。
P3165366_convert_20140323214814.jpg

照明の使い方が素敵ですね。
P3165410_convert_20140323215211.jpg

暖簾で色分けされています。こちらは男性。
P3165365_convert_20140323214736.jpg

透明椅子の前にドリンクコーナー。
P3165367_convert_20140323220340.jpg
「黒豆香茶」「南魚沼・大沢山の湧き水」
「デトックスティー(ジンジャー、グローブ、シナモン、アジュアン)」


まず当日チェックインから夜まで女性風呂だった方から紹介します。

脱衣場。鍵付のロッカーは安心します。
P3165412_convert_20140323220322.jpg

洗面シンクはひとつ。
洗顔&ハンドソープ、メイク落とし、化粧水、綿棒、コットン、ドライヤー。
P3165427_convert_20140323215538.jpg
ヘヤブラシは無いので洗髪したい方は部屋から持参です。
部屋にはハンドソープのみなので、洗顔はこちらでしました。
でも大浴場のハンドソープは洗顔もOKなタイプなので、部屋のもOKだったのかも知れません。

これらのアメニティはこだわりの自然派のもの。
P3165428_convert_20140323215615.jpg

ではさっそく内湯
P3165414_convert_20140323215311.jpg

カランは4つ。
P3165415_convert_20140323220404.jpg

シャンプー類は「Dr.SAITO」(部屋風呂も同じ)髪がサラサラになりました。
P3175555_convert_20140323220253.jpg

30年前に掛けられたであろう温泉の説明がありました。
P3165423_convert_20140323215450.jpg
こちらのお宿は30年間温泉宿としてありました。
その宿が閉館し、里山十帖がリノベーションして再建したということです。

露天風呂
P3165416_convert_20140323215346.jpg
写真では伝わりにくいですが大きくて気持ちの良い湯船です。

笠もあるので雪でも安心です。
P3165422_convert_20140323215434.jpg

実際に笠を被っての入浴です(^-^)
P3165417_convert_20140323215403.jpg

天気が良いと遠方に山の絶景が見えます。
P3165418_convert_20140323215417.jpg

宿のHPに詳しく温泉のことが載っています。
こちらをクリック
それによると、源泉温度 27.2℃ / ph 8.4
殆ど無色澄明、微硫化水素臭、微塩味とあります。

脱衣場に貼ってあった温泉分析表。
P3165411_convert_20140323215229.jpg

注意書きもありました。
1_convert_20140323214633
・低温のため加温。
・循環濾過装置&掛け流し併用
・加水はなし。
・塩素薬剤使用あり。

とありますが、塩素臭は全くしなかったので県の基準を満たすために
ごく微量の使用だと思われます。

ヌルヌル&つるつるのお湯で、湯の花も舞っていて
何度でも入りたくなる良いお湯でした♪
何より居心地の良いお風呂です。
内湯の天井の高さも良し、露天の開放感は本当に素晴らしいです。


続いて、夜に入れ替え(何時だかは失念)になったもう一つのお風呂、
撮影は翌日です。

脱衣場。シンクはひとつ、アメニティは一緒。
P3175543_convert_20140323215940.jpg

内湯朝日が眩しい♪
P3175545_convert_20140323215958.jpg

こちらは檜風呂。
P3175546_convert_20140323220019.jpg
檜風呂好きとしてはテンション上がります♪

カランは4つ。
P3175554_convert_20140323220217.jpg

いざ露天風呂へ
P3175547_convert_20140323220038.jpg
写真だと見えにくいですが、真ん中に巨大な黒い石が鎮座しています。
夜に入る場合は特に見えにくく、ぶつかる可能性が高いので気を付けてください。
(でもその巨石の上で胡座をかいて深呼吸したら最高でした)

太陽が眩しいけど最高に気持ちの良い露天風呂でした。
P3175549_convert_20140323220054.jpg

まだまだ雪。
P3175553_convert_20140323220145.jpg

笠も絵になりますね。
P3175550_convert_20140323220127.jpg


続いてパブリックスペースの紹介です。

館内にはラウンジと呼ばれる所が2箇所あり、
そのどちらでもセルフでドリンクが頂けます。

利用時間は15時〜翌11時。
コーヒー、ハーブティ、大沢山の湧き水やスナック類など。

夜は19時〜22時までバータイム。
日本酒、焼酎、シングルモルトウイスキーなどが追加で並びます。

まずひとつ目は母屋の階段を上がった所にあります。
P3165390_convert_20140323214933.jpg

ラウンジ「小屋組み」
P3165381_convert_20140323214847.jpg

このように好きな物を自由にいただけます。
P3165526_convert_20140323215642.jpg

梁などを眺めながら好きな席でゆっくりと。雑誌は自遊人関係などがありました。
P3165384_convert_20140323214901.jpg

釘を一本も使っていない母屋はそれだけで迫力あります。
P3165389_convert_20140323214916.jpg

バータイムに並べられたお酒類。
P3165528_convert_20140323215700.jpg

ナッツやクッキー、クラッカーなどもあり充実したラウンジです。
P3165530_convert_20140323215725.jpg

結局、食事中やその前に飲み過ぎていたので
バータイムは全く利用しませんでした。
楽しみだったのに(^^;)
飲ん兵衛が意味ないですね(苦笑)


さて、もうひとつのギャラリーラウンジは宿泊棟にあります。
左がその入口。
P3165392_convert_20140323215103.jpg
夜20時半から映画を上映していました。

チェックインの時に「何を上映するのですか?」と聞いたら
「まだ決まっていないので観たい映画のリクエストがあればどうぞ」と言ってくれましたが、今観たいのは「獄門島」「八ツ墓村」とは言えず(笑)、
「いえ特にないです〜」と笑ってやり過ごしました(^0^)

でも、こういう風に柔軟にリクエストを聞いてくれるのは嬉しいですね。

こちらはモダンなラウンジ、床がスベスベで気持ち良いです。
P3165398_convert_20140323215036.jpg

お土産やお菓子なども売っていました(お会計はフロントで)。
P3165400_convert_20140323215122.jpg

こちらにも同じくコーヒーやお茶、お水、スナックなど。
P3165403_convert_20140323215138.jpg
夜のお酒類は、母屋のラウンジとは違う種類が置いてありました。
お酒好きはハシゴすると楽しいかもですね♪


食事編に続きます。。。
P3165406_convert_20140323215154.jpg


スポンサーサイト