自遊人の宿・里山十帖(1)

約半年ぶりに温泉に行ってきました。

休みが出た4日前に宿探し、
行きたかった宿は勿論満室。

ではと、気になっていた新しいお宿に行ってみました。
まだプレオープンなので空きがあり助かりました。

お宿は『里山十帖』さん。
雑誌「自遊人」が経営する温泉旅館です。

ネットがあまり発達していなかった頃、
温泉宿を探すのに「自遊人」にはとてもお世話になりました。
その「自遊人」が造ったお宿、気になって仕方ありませんでした。


お宿の場所は、新潟県南魚沼。
JRの駅でいうと「大沢」駅。
東京から上越新幹線で向かいます。

P3165299_convert_20140318161445.jpg

車内で食べたお弁当。
P3165296_convert_20140318161407.jpg

P3165298_convert_20140318161423.jpg
夕食時間を早めにと思っていたので、私はシウマイ弁当よりも軽いこちらを。
夫はシウマイ弁当にビールでした。

越後湯沢で上越線に乗り換えます。
P3165302_convert_20140318161502.jpg

上越線はドアを自分で開けるタイプなので乗る時に気を付けてください。
P3165310_convert_20140318161537.jpg

向かいには旧東海道線の車両がありちょっと興奮。
P3165303_convert_20140318161518.jpg

車窓からの景色は一面銀世界。
P3165328_convert_20140318161556.jpg

12分ほどで大沢駅到着。降りる時もドアは手動です。
P3165329_convert_20140318161612.jpg

駅に着くと雨。

駅からは宿の送迎をお願いしました。
迎えは電車の時刻に合わせて14時台と16時台の2回があります。
14時台にお願いしていたのは私達だけで、宿の方がすぐに声をかけてくださり、
雨の中、走って車に乗り込みました。

ちなみに大沢駅はこのような感じ(翌日撮影)。無人駅です。
P3175650_convert_20140318161648.jpg

晴れていると雄大な山々が望めます。
P3175657_convert_20140318161719.jpg

送迎車で10分ほどで宿に着きました。

『里山十帖』(宿のHPはここをクリック
P3175573_convert_20140318162727.jpg

宿の前の道はこんな積雪。
P3175572_convert_20140318162705.jpg

人間が立つとこんな感じ。今年の積雪はこれでも例年の半分だそう。
P3175612_convert_20140318162812.jpg

重厚な門構えです。チェックインは15時。
P3175581_convert_20140318162747.jpg

扉を入るとロビーエントランス。
P3175566_convert_20140318162646.jpg

左手は食事処になります。
P3175565_convert_20140318162629.jpg

寒さを心配しましたが、断熱構造が素晴らしく館内は暖かでした。
P3175560_convert_20140318162613.jpg

靴を脱いで、こちらでチェックインの手続きをします。
P3175559_convert_20140318162557.jpg

お着きのお菓子は、日本酒「鶴齢」の麹を使ったチーズケーキ。
ドリンクは3種類から選べ、ビールをお願いしました。
P3165339_convert_20140318161827.jpg

上を見上げると天上の高さに圧倒されます。この母屋は築150年の古民家を移築されたそうです。
P3165331_convert_20140318161740.jpg

暖炉もあり暖かです。
P3165335_convert_20140318161756.jpg

入った瞬間から、好みの物が沢山あり大興奮。
スタッフさんに撮影の許可を得て、心置きなくバシバシ撮らさせて頂きました。
お客さんがいるときは遠慮しました。

こちらのお宿はテラス、ベランダ含め全館禁煙です。

さて、お部屋まで案内して頂きます。
母屋から宿泊棟への窓外は豪雪仕様になっていました。
P3175644_convert_20140318163047.jpg

宿泊棟は母屋とはガラリと変わったデザイン。裸足が気持ち良いです。
P3165372_convert_20140318162225.jpg

お部屋は2階と3階にあり、全部で12室。
P3165436_convert_20140318162300.jpg

302を予約しました。
P3165437_convert_20140318162318.jpg

入って左手に水回り。
P3165353_convert_20140318162056.jpg

奥の扉はトイレ(ウォシュレット)、タオルウォーマーが重宝しました。
P3165348_convert_20140318161957.jpg

明るいベットルーム。
P3165341_convert_20140318161849.jpg

色々なタイプの部屋があり、この部屋は、
武蔵野美術大学インテリアデザイン研究室の内装とのことです。
P3165342_convert_20140318161906.jpg
最初に希望してた畳のツインが取れず、
こちらにしましたが想像以上に居心地の良い部屋でした。
床のカーペットが気持ち良くて、ずっとゴロゴロしていました。

テレビは棚の中に収納されています。
P3165355_convert_20140318162115.jpg

クローゼットには金庫、冷蔵庫。上着、バスローブ。
大浴場にタオルはないので、篭にタオルを入れて持ち運びします。
P3165346_convert_20140318161937.jpg

冷蔵庫内は無料です。館内に自販機あり(市販価格)。
P3165441_convert_20140318162334.jpg

窓の外は雪。
P3165452_convert_20140318162410.jpg

窓の所にはハーブティーやお菓子など。
P3165458_convert_20140318162510.jpg
このマフィンがめちゃ美味しかったです(T0T)

ベットの上には館内着。食事もこれでOKです。
P3165345_convert_20140318161922.jpg

この部屋着がとても良くて…
P3165362_convert_20140318162134.jpg

着るとこんな感じなのですけど(笑)、
気に入って帰宅後に同じ物をネットから買いました。
P3165363_convert_20140318162158.jpg
ちなみに靴下がこれまたしっかりした物で、
お持ち帰りOKか確認した上で持ち帰りしました。

アメニティは歯ブラシ、ヘアブラシ、ヘアゴム、男性用剃刀、女性用スキンケア2回分、ドライヤー、ハンドソープ。
P3165445_convert_20140318162351.jpg
(女性スキンケア=化粧落とし、化粧水、美容液、保湿クリーム)

バスタオルとフェイスタオルは一枚ずつ。
P3165350_convert_20140318232638.jpg
茶色タグの付いたフェイスタオルはオーガニックコットン100%
「旅の記念にお持ち帰りいただけると嬉しいです」とあり、
有り難くお持ち帰りしました(^-^)

部屋のバルコニーにはメキシコ、メトロクスの「アカプルコチェア」。
P3175617_convert_20140318162830.jpg
これが想像以上に座り心地最高でした!
う〜む、やっぱり息の長い商品は違うな、と思った瞬間でした。

こちらの部屋にはバルコニーに露天風呂があります。
P3175622_convert_20140318162904.jpg

温泉ですが、そのつどお湯をはるタイプです。
P3175636_convert_20140318162921.jpg
大沢山温泉の源泉温度が27度のため加温しています。
ボタンひとつで毎度新しい温泉を入れられるので良かったです。

入浴景色は最高。もっと晴れていれば遠くに山々が見えます。
P3175637_convert_20140318162943.jpg
お湯はヌルトロ♪湯の花も舞っていました〜(^0^)
大浴場よりも部屋風呂の方が湯の花が多かったように思います。

洗い場は外なので冬は寒いですね。壁にあるバスローブ掛けは大重宝しました。
P3175640_convert_20140318163003.jpg

シャンプー類は無添加のもの。大浴場も同じもので使い心地がとても良かったです。
P3175618_convert_20140318162848.jpg


続いての回は館内のお風呂などを書きたいと思います。

その前に、ロビーで圧倒的な存在感の彫刻作品。
P3165380_convert_20140318162244.jpg

巨大な小槌を頭で支えていらっしゃいます!
P3175642_convert_20140318163023.jpg

続く。。。



スポンサーサイト

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)