迎賓館・赤坂離宮

赤坂にある迎賓館に行って来ました。
国賓として入りたかったけど(嘘です)、一般見学会で観ることができました。

迎賓館
紀州徳川家のお屋敷があった敷地に明治42年に建てられました。
当時の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した、
日本における唯一のネオ・バロック洋式の西洋建築です。
2009年に国宝に指定されました。

P8273027_convert_20130829220945.jpg

子供の頃から憧れていた場所です(多分、漫画「ベルサイユのばら」のせい^^)
それを一般公開していると知ったのは若かりし頃。

迎賓館は内閣府が管理していて、1年に10日間だけ館内公開します。
1日2000人限定なので毎年応募が殺到。
そんな私も往復はがきで応募しましたが見事に落選しました(T_T)

何度かこの門の前まで来て眺めたり写真撮ったりしたなあ。
P8273030_convert_20130829221009.jpg

その頃はまだ自分用のカメラを持っていなくて、
フジの使い捨てカメラでした(笑)

この門が実に立派なのです(下の方に人が写っているので大きさを比べてください)
P8273032_convert_20130829221030.jpg

でも今日見上げる門は前とは違う!今日はここに入れるのです!
P8273033_convert_20130829221048.jpg

今年から応募が往復はがきと併用してネットからも申し込めるようになりました。
それを偶然知り、ダメもとで応募したら当選したのです。

なにせ地味なのですよ。
内閣府のHPでひっそり応募詳細を発表して、応募期間もひと月くらい。
それを逃したら一年先です。
今回は偶然見つけたので本当に良かったです^^

門から見た迎賓館
P8273035_convert_20130829221109.jpg

勿論、正面から入れるわけはなく西門にまわります。
P8273150_convert_20130829221953.jpg

敷地に入るとすぐ橋を渡ります。
P8273045_convert_20130829221141.jpg

橋の下には首都高が。迎賓館の庭の地下を通っているのです。
P8273042_convert_20130829221125.jpg

こちらで受付し、荷物はX線検査、金属探知機などで全身調べられます。
空港と一緒です。私はブーと鳴ったので個別で全身検査されました(笑)
P8273047_convert_20130829221159.jpg

このようなバッチを渡され胸に付けていざ入場♪
P8273148_convert_20130829221935.jpg
桐の紋章は日本国政府の紋章です。

長年憧れたお城です。
P8273052_convert_20130829221214.jpg

正面から
P8273137_convert_20130829221859.jpg

日本国旗が掲げられています。
P8273119_convert_20130829221722.jpg

エントランスに立って。
P8273126_convert_20130829221819.jpg

エントランスのドアも美しい。
P8273123_convert_20130829221742.jpg

菊の御紋と桐の紋章。
P8273124_convert_20130829221800.jpg

エントランスから見た前庭方面(四ッ谷駅方面です)
P8273131_convert_20130829221839.jpg

屋根の上には甲冑武将が二人。
P8273143_convert_20130829221918.jpg

その横に天球儀と金色の霊鳥。これ綺麗だったなあ。
P8273117_convert_20130829221645.jpg

美しいカーブ。
P8273118_convert_20130829221702.jpg

さあ、いよいよ中に入ります。
入口は向かって右側の扉から。
P8273058_convert_20130829221233.jpg

P8273061_convert_20130829221302.jpg

残念ながら館内は撮影禁止です。
なので写真集から少し載せますね。

正面階段
P8293292_convert_20130829222015.jpg

彩鸞の間
P8293307_convert_20130829222241.jpg

羽衣の間
P8293299_convert_20130829222033.jpg

朝日の間
P8293314_convert_20130829222221.jpg

花鳥の間
P8293317_convert_20130829222308.jpg

これらの部屋を見てまわれます。
廊下も上品で素敵でした。
何気なく飾られている調度品も日本の伝統品で、それは素晴らしい物ばかりでした。

部屋は1室ごとに趣向が違い、どこも豪華絢爛。
最初に入った時はクラクラしました(笑)

でも何部屋か続いてくると今度はお腹一杯になりました。
憧れてはいたものの、凝った内装はずっといるとしんどくなりますね。
やっぱり私は簡素な和風建築の方が好みだと確信しました^^

館内から出て今度は主庭を散策。
P8273067_convert_20130829221319.jpg

P8273074_convert_20130829221337.jpg

ちょうど正面の裏側になります(でも主庭)
P8273076_convert_20130829221355.jpg

建物の裏正面。
P8273082_convert_20130829221411.jpg

立派な噴水。
P8273084_convert_20130829221431.jpg

P8273090_convert_20130829221449.jpg

P8273099_convert_20130829221526.jpg

建物から主庭を。
P8273103_convert_20130829221546.jpg
噴水の奥の広大な森の中には、東宮御所や赤坂御用地があります。

こんな展示もありました。
P8273107_convert_20130829221605.jpg


P8273113_convert_20130829221628.jpg

約一時間くらいでしょうか。
長年見てみたかった迎賓館、想像以上に凄かったです。
とても貴重な体験ができました。
今度は京都迎賓館かな(笑)

今回は次の日も時間が出来たので、思い切って1泊2日のイベントにしちゃいました。
「マジ泳ぎできる都内のホテルプール」で探して、
大きな25mのプールがある白金台シェラトン都ホテルに泊まりました。
詳しくは次回に書きたいと思います。

おしまい。

スポンサーサイト