カテゴリー "蔦温泉" の記事

蔦温泉(3)

すっかり2016年。今年もよろしくお願いいたします。さて、注文していた『蔦温泉帖』が昨年末に届きました♪『蔦温泉帖』(大町桂月 昭和4年)冬籠帖との2冊揃で、大きさは手のひらサイズ。戯画と歌などで蔦温泉の魅力が綴られていて見ているだけで、また行きたくなるのです。うちでは、この本棚に和本と一緒に収納しました。さてさて、ようやっと食事編です。連泊なので、2日分一気にいっちゃいます!食事は朝夕とも食堂でい...

蔦温泉(2)

随分と間が空いてしまいましたが(汗)、蔦温泉の続き、館内とお風呂の紹介です。外から見えるこちらの立派な建物は休憩室です。日帰り入浴のお客さんも利用できます。ドリンクも用意されています。(夜には撤収されてました)館内には蔦温泉と繋がりが深い文人『大町桂月』の資料室もあります。大町桂月は十和田湖と奥入瀬を愛し、晩年は蔦温泉に移住し本籍も蔦温泉にしました。大正12〜13年には蔦温泉での滞在を戯画と和歌で...

蔦温泉(1)

10月初めに行って来た青森の旅。まずは2泊した『蔦温泉』の紹介です。東京駅から、はやぶさに乗ります。何気に初めてのはやぶさにワクワク♪普通車でしたけど、シートも座り心地が良く、照明も優しい色で良かったです。(東海道新幹線と比べてですが)駅弁は東京駅のグランスタで買いました。私は『加賀料理 金茶寮』のお弁当。これは薄味で美味しかったです。東京駅で買った今までのお弁当の中で一番気に入りました!(シウマ...