蔵王温泉 わかまつや(2)

続いてお風呂の紹介です。初めての蔵王温泉にワクワクです大浴場へは渡り廊下を通っていきます。廊下の手前にあるギャラリーコーナーでは、わかまつやさんを定宿にしていた斎藤茂吉の作品が展示されています。この宿で詠んだ実筆の歌など見応えありました。ここで『!』夫婦揃って大好きなあの方の展示物が!(夫の方が病的に近い入れ込み方だけど)「ここに泊まったんだ!」と、この時点で二人テンションMAXに!この後は何をする...

蔵王温泉 わかまつや(1)

山形駅からバスに乗り、終点の蔵王温泉バスターミナルまでは約45分。今回お世話になる『わかまつや』さんは、ここから歩いて5分かからない距離です。(バスターミナルからの送迎もしていただけます)『和歌の宿 わかまつや』(宿のHP)奥に見えるのは鳥兜山。中央ロープウェイで登れます。チェックイン15時、アウト10時(プランによってイン14時、アウト11時もあり)予約したプランは、【早得28★三大特典付】山形牛「...

山寺 立石寺

ちょっと間があきましたが昨年10月に行った山形旅行の続きです。11時チェックアウトの天童荘を早めの10時に出て、タクシーで山寺へ向かいました。ロッカーに荷物を預けるため、山寺駅に着けてもらいました。天童荘からは20分ほど。駅の右側にコインロッカーがあります。駅から山寺は歩いて5分くらい。山寺登山口に到着。奥之院までは、ここから階段を1015段登ります。まずは重要文化財の根本中堂。横に有名な芭蕉の句...

年末年始あれこれ。

2017年も明けました。今年もいつものお節料理から始まりました。名古屋転勤の時に出逢ったお店から頼んでいるお節もかれこれ8年目になります。昨年、お店は多治見から名古屋に移転、日本料理から肉割烹になり、果たして今年のお節はどんな風なのだろう、肉肉肉?、と、期待と不安を抱きながら開けてみました。ささっと台所で撮影しただけなので良い写真がなくてすみません。この下にも沢山の料理が入っていました。撮ればよか...

天童荘(3)

続いて食事の紹介です。お部屋でいただきます。我々は18時からお願いしました。時間になると仲居さんがテーブルクロスをかけて用意してくださいます。セッティング完了。お品書きは二人で一枚。まずは生ビール。お品書き『神無月お献立』の順番通りに紹介します。奥の炭火から『朴葉みそ』白味噌に銀杏や栗で秋の味覚。炭火でじわじわ炙ると味わいが増します。手前の器は『東雲豆腐』お出汁も美味しく飲み干してしまった。お酒は...